*

「目ん玉取り出したい…」そんな衝動とはオサラバです。

副作用なしでコレはヤバい…と、
満足度96・7%!!

1日たった74円なので、薬より安いんです。

↓詳細はこちら↓

点鼻薬を止める方法とは?知らないと挫折する鼻づまりの仕組み

5a6f440838f2bcfa702b0824c053ff91_s
アレルギー性鼻炎持ちや花粉症体質であれば、使っている人も多い点鼻薬。すでに使ったことがあるという場合でしたらご存じかと思いますが、点鼻薬って使うと効果を体感しやすい分、どうしても癖になってしまうんですよね。

点鼻薬には血管収縮剤タイプの他に、抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)・ステロイド点鼻薬と全部で3種類が存在しますが、特に注意すべきが血管収縮剤タイプの点鼻薬です。市販の点鼻薬のほとんどが血管収縮剤を含む点鼻薬になっていますが、有名どころで言えばナザールなどが知名度が高いですよね。
この血管収縮剤タイプの点鼻薬の特徴としては、とても早く・かつ強烈に鼻づまりに効果を発揮してくれるので助かるのですが、長期的に使うためには作られているものではありません。

私も前に市販の点鼻薬(ナザール)を使っていましたが、使ってすぐに鼻づまりが解消されたので、最初は本当に驚きました。ただ注意しなければいけないのが、こういった血管収縮剤タイプの点鼻薬は効果が強い分、副作用も大きいんですね。点鼻薬は長期的に継続して使ってしまうと、アレルギー性鼻炎や花粉症といった鼻づまりを悪化させることにもつながってしまうんです。

この記事では、点鼻薬の効果の仕組みと副作用について、そしれ点鼻薬を止める方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

点鼻薬が鼻づまりに効果アリの理由とは?

点鼻薬の副作用を知る前にぜひ把握しておいて頂きたいのが、「なぜ点鼻薬を使うと鼻づまりが治るのか?」ということです。もともと点鼻薬が作用する仕組みというのは、血管を収縮させるという薬の効果によるものです。そもそも鼻の粘膜は血管がかなり多く密集しているので、アレルギーの症状が出やすい場所と言われています。
この血管を収縮させることによって鼻粘膜の腫れを防ぎ、結果的に鼻づまりを解消させるというのが点鼻薬(血管収縮剤タイプ)の効果となっています。

点鼻薬の怖い副作用とは?

518072一見、すぐに効果を発揮してくれてありがたい存在のように思える点鼻薬ではありますが、薬なので副作用は存在します。血管を収縮させることで鼻づまりを治すという効果を持っている点鼻薬ですが、これは一時的な効果によるもの。時間がたつと、血管の収縮は治まってしまうので、血管も元の状態に戻り、また鼻づまりが引き起きてしまいます。

血管の収縮、そして拡大を繰り返すうちに発症してしまう副作用というのが、薬剤性鼻炎という症状です。あまり聞き慣れない言葉ではありますが、実は点鼻薬業界の中ではあまりにも有名な言葉なんですね。

薬剤性鼻炎とは何か?というと、血管収縮剤を使いすぎることによってリバウンドのような症状が起きてしまうことです。他の薬も同じですが、使い続けることによって人の体は薬に対して耐久が出てきます。痛み止めを飲み続けていると効果を感じにくくなるのと同じですね。
そして耐久性が出来てしまうことに加えて、リバウンド症状が重なることによって薬剤性鼻炎という症状が引き起きてしまい、かえって鼻づまりの症状がヒドくなってしまうんです。

最初は春だけ花粉症の鼻づまりだったにも関わらず、点鼻薬を使い続けていたらいつの間にか通年性鼻炎になっていた…なんていう方はとても多いんです。これは、アレルギー性鼻炎や花粉症といった鼻づまり症状に加えて薬剤性鼻炎が併発しているため。併発することによって症状は更に重くなってしまうので、前よりもヒドい鼻づまり症状が引き起きてしまうんですね。

こういった副作用があるため、耳鼻科などでも市販の点鼻薬は継続して使わないようにと指導しているクリニックはかなり多くあります。
すぐに鼻づまりを解消してくれる効果がある半面、このような危険性もあるので長期的に使用することは控えましょう。そして、もしすでに「点鼻薬なしでは生活できない…」となっている場合には、なるべく早めに点鼻薬中毒から脱出できるような努力をするようにしてみてくださいね。
血管収縮剤が成分に含まれている点鼻薬は、どうしても鼻づまりを我慢できない時など短期的に使用することを目的として作られていますので、1カ月以上続けて使うのは避けるべきです。

点鼻薬を使うのを止めるには?

市販の(血管収縮剤入りの)点鼻薬を使い続けることによる怖い副作用については、ここまでで詳しくご紹介させて頂きました。もしかするとあなたは、すでに点鼻薬の使いすぎで薬剤性鼻炎になっているかもしれないですね。

「点鼻薬は辞めたいけど、鼻づまりが辛いから抜け出せない…」という声が聞こえてきそうですが、そんな場合の対処法について、ここではまとめていきますね。
どうすれば点鼻薬を止めることができるのか?

点鼻薬の使いすぎによって悪化してしまった鼻づまりを解消するためには、まずは点鼻薬性鼻炎を治す必要があります。そのためには点鼻薬を2週間以上、完全に辞めることで治ると言われています。
たった1日でも点鼻薬を使うのを止めるだけでも鼻づまりが目立ってきて辛いところではありますし、日数がたてばたつほど症状が悪化するような感覚も覚えます。
がしかし、実は1週間~10日ほど点鼻薬を使うのを止めるだけで、鼻づまりはかなり楽になってくるんですね。
そしてその後、2週間~3週間もすれば以前の状態に戻ることができるんです。

点鼻薬に頼らない鼻づまり対処法とは?

ではこの2週間の間、どうやって辛い鼻づまりに対処すれば良いのか?
まずは【アレルゲンを遠ざける】という対策は徹底的に行いましょう。鼻づまり歴が長ければ長いほど、鼻づまりになることが当たり前になっていませんか?「今度こそ点鼻薬を止める!」としっかり決意したなら、ほんの少しでもできる努力は全て行いましょう。

鼻づまりの原因はホコリやダニ・カビ・花粉など人それぞれですが、原因はわかっているという場合にはしっかりとアレルゲン(アレルギーの原因)を遠ざける工夫を行うようにしてみてくださいね。外から帰ってきたら服はすぐに着替える、室内は小まめに掃除する、こういった配慮を意識していきましょう。室内にいるときには、鼻づまりを引き起こしにくいように加湿器を使うというのも有効な方法ですよ。空気が乾燥していると、どうしてもアレルゲンが体内に入ってきてしまいやすいので、加湿しておくことで体への侵入をある程度は防ぐことができ、鼻づまりの症状を抑えることもできます。」

そういった環境的な対処法に加えて、他にも鼻づまりの症状を軽減する方法は色々とありますが、薬に頼らずに鼻づまり対策をする、というのであれば甜茶は良いですよ。中国では漢方薬として昔から鼻アレルギー・鼻づまりや花粉症対策に飲まれてきたお茶の一種ですが、副作用がないんですよね。薬を使うとなると、どうしても副作用がついてきてしましますが、お茶であれば副作用がないので安心して使えるという大きなメリットがあります。そして、体質改善に役立つので薬剤性鼻炎だけでなく、そもそもの花粉症・アレルギー性鼻炎を軽減する効果も期待されています。

そもそも、鼻づまりが引き起きてしまうメカニズムはもうすでに確認されています。
それは、体に入ってきたアレルゲン(ホコリ・ダニ・花粉など)に対して体が過剰に反応してしまうこと。この仕組みを断ち切ることができれば鼻づまりを軽減したり、また解消してりすることはできるので、それほど難しいことではないんですね。
もちろん効果は人によって個人差があるのは当たり前ですが、点鼻薬の辛い副作用から抜け出したい…という場合にはこの期間だけ、お茶の力を借りてみるというのも1つの方法ですよ。

【点鼻薬を止める方法】まとめ

・点鼻薬を長期的に使うことでの危険性を理解する
・まず2週間、点鼻薬を使わずに生活してみる
・点鼻薬を使わない期間中こそ、環境に注意する
・お茶の力を借りるなどして鼻づまりを軽減

点鼻薬は必ずしも危険なものというわけではありません。この記事中でも解説しましたが、うまく使えば生活する上でのストレスを減らすことにも役立つアイテムです。
とは言っても、薬はしっかりと使い方を守らなければ副作用の危険性もあります。(点鼻薬で言えば、長期的に使うことは避けるなど)
鼻づまりが続くと集中力が欠けてしまったり、イライラしたり。だからこそ、薬とは上手く付き合いながら、体の変化にも意識を向けていくようにしましょう。




>>(注目記事)アレルギー薬の副作用が辛いので、評判のサプリ試してみた

関連記事

アレグラで眠くなる…対処法は?

アレグラは花粉症の治療薬として販売されている 抗ヒスタミン薬ですが、ドラッグストアなどでも手軽

記事を読む

アレルギー性鼻炎にアレロックが効かない!原因と対処法は?

アレルギー性鼻炎の症状を抑えるためには主に飲み薬・点鼻薬のどちらかを処方されることが多いです。中でも

記事を読む

ムコダインで咳が止まらないのは危険?副作用と効果について

ムコダインは副鼻腔炎(蓄膿症)の治療薬として処方されることの多い薬。その効果としては排膿

記事を読む

【鼻炎対策】体質改善ができる漢方薬リスト

アレルギー性鼻炎には花粉症に代表される季節性アレルギー性鼻炎や、ホコリ・ダニなどが原因の通年性アレル

記事を読む

知ら損!ザイザルの眠気を圧倒的に抑える方法とは?

抗アレルギー薬として販売されているザイザルですが、人によっては副作用が出やすいので飲む場

記事を読む

授乳中にナザールは大丈夫?危険な薬の副作用とは

授乳中に鼻づまりが続いて精神的な負担がとても大きいという人は実は多くいらっしゃいます。もともとア

記事を読む

アズレン喉スプレー

意外と知らない?アズレン喉スプレーは鼻にも使える?

薬屋で売っている喉スプレーは、のどあれ、痛み、口内炎用のスプレーに効果があります。 こちら

記事を読む

トラマゾリンが胎児に与える影響は?発達障害の危険性も…

トラマゾリンは耳鼻科で処方されることの多い点鼻薬ですが、妊娠中に使用する場合には注意が必要です。

記事を読む

アレロックで便秘になる決定的な理由 副作用なしの便秘解消法は?

花粉症の薬としても広く使われているアレロックですが、アレルギー症状の原因となるヒスタミン分泌を抑える

記事を読む

【副鼻腔炎の抗生物質】副作用とは?それ以上に怖い危険性も…

副鼻腔炎は一度かかってしまうと再発しやすいので、生活の様々な面で不便やストレスが出てきてしまいますよ

記事を読む







べにふうき茶は、水で抽出しても効果あり?

当サイトに「べにふうき茶は、水で抽出して飲んでもよいのでしょうか」とい

甜茶の由来・種類・効能について

甜茶の由来 「花粉症などのアレルギーに良い」と言われている甜茶につい

ブタクサ
夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

衣類や髪の毛についたアレルギー物質対策

外出して家に帰ってくると、衣類や髪の毛には大量のアレルギー物質が付着し

→もっと見る



PAGE TOP ↑