*

「目ん玉取り出したい…」そんな衝動とはオサラバです。

副作用なしでコレはヤバい…と、
満足度96・7%!!

1日たった74円なので、薬より安いんです。

↓詳細はこちら↓

グンと楽になる【鼻炎に効く漢方薬】の選び方とは?

43f88695b588dc3af1282fcd4e04fa86_s通年性のアレルギー性鼻炎や花粉症など、鼻炎への対処法といえば内服薬や点鼻薬が主流になっていますよね。ただ、薬はどうしても使い続けると副作用で眠くなってしまったり、また思っているほど症状を抑えることができなかったり。さらに薬のタイプによっては使い続けるごとに鼻づまり症状が悪化するというものもあります。

そんな場合、少しでも副作用が少ない漢方薬を鼻炎対策に使うという治療法もあります。この記事では、鼻炎に効く漢方薬についてまとめていきますね。

なぜ漢方薬が鼻炎に効くのか?

そもそも花粉症にしてもアレルギー性鼻炎にしても、鼻づまりの症状が起きる仕組みは同じです。アレルゲン(ダニ・花粉・ホコリなどのアレルギー物質)が体に侵入することによって、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどを引き起こしてしまいます。

この鼻炎に対して東洋医学では、【体内の水の流れが悪くなっている印】と位置づけているんですね。そういった場合、体内の水分代謝を整える漢方薬を使っていくことで症状の改善を計っていきます。通年性鼻炎は別ですが、花粉症の場合は鼻炎に効く漢方薬を前もって服用することで、花粉時期に入っても症状が全くでなかった、という事例はとても多いので、人によっては漢方薬が体に合うケースも非常に多いです。

鼻炎対策で漢方薬を選ぶ時のポイント

鼻炎とは言っても症状は大きく分けると2つに分類されます。それぞれの症状で漢方薬をしっかり使い分けることで効果を体感しやすくなります。もし今までに漢方薬を使っても鼻炎症状が改善されなかった、という場合にはもしかするとあなたの症状に合っていない漢方薬を選んでしまっていたのかもしれません。

自分に合った漢方薬をしっかり選ぶことで症状がグンと楽になりますので、ぜひご自身の症状をしっかりと観察しながら照らし合わせてみてくださいね。

鼻水が止まらない鼻炎症状の場合

まず1つ目の鼻炎症状ですが、鼻水が止まらない場合です。もしあなたの鼻炎症状が、鼻水が出て止まらないという場合には鼻炎対策の漢方薬としても有名な小青竜湯(しょうせいりゅうとう)が効きます。小青竜湯は、花粉症はもちろん、ダニ・ホコリといった通年性アレルギー性鼻炎にも広く用いられている代表的な漢方薬。

鼻炎症状を緩和するためにまず最初に小青竜湯を使ってみて、それで症状が変わらない場合には他の漢方薬を試してみる、というほど基本になる漢方薬なんです。特に鼻水がダラダラと出続けて止まらない場合には効果的ですし、花粉症などの涙が出るような症状にも高い効果を発揮してくれます。

小青竜湯の大きな効果として、体の水分バランスを調整してくれる働きを持っています。そのため、鼻水が止まらないような鼻炎症状の場合には向いていますし、また体の腫れを発散させるという作用もあります。鼻炎による鼻づまり症状は鼻粘膜が腫れてしまうことも大きな原因の1つなので、鼻通りを良くしてくれる効果も期待できます。

ただ、小青竜湯は漢方薬の中でも特に効果が強いものなので、人によっては副作用として胃もたれを起こす場合があります。そんな場合には、苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)を試してみてくださいね。この漢方薬の効果としては咳を抑えながら痰を切りやすくするという効果がメインですが、体の冷えを改善していく効果もあります。鼻水だけでなく、くしゃみも止まらないという場合には向いています。

鼻づまりの鼻炎症状の場合

鼻水よりも鼻づまり症状の方が目立つような場合には、また別の漢方薬が効果的です。ただし、漢方薬は人によって大きな副作用が出るケースもありますので、ご自身の体力によって使い分けていきます。

例えば、鼻づまり症状の鼻炎が続いていて体力が普通程度の場合には、葛根湯(かっこんとう)を使います。葛根湯は血流を良くする作用が強いので、鼻粘膜の腫れ・炎症を解消してくれるため鼻づまり症状を改善してくれるんですね。葛根湯自体、重い副作用があるというわけではありませんが、人によっては食欲不振や吐き気などを催す場合もあります。

もし鼻づまり症状の鼻炎で葛根湯を使ってみて、動悸や胃のもたれ・吐き気などの副作用を感じた場合にはまず使うのを止めましょう。そのうえで、体への負担が葛根湯よりも少ない麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)を使ってみてくださいね。こちらの漢方薬も効果としては基本的に葛根湯と同じです。体を温めることによって血流を良くし、鼻粘膜の腫れを解消するので鼻づまり症状の鼻炎に効果があります。

漢方薬を選ぶ時のポイント

ここまでの記事で、それぞれの鼻炎症状に効く漢方薬についてご紹介してきました。ただし、ひとくちに漢方薬とは言っても、製造しているメーカー、また販売しているお店によってそれぞれ成分は少しずつ異なってくるんですね。そのため、名前だけで漢方薬を選んでしまうと効果を得られないどころか、逆効果になってしまう危険性も考えられます。

もし漢方薬を買う場合には、信頼できるお店で購入するように注意してくださいね。今は通販や並行輸入などで漢方薬も購入できますが、中には厚生労働省の認可を受けていない商品も数多く存在します。そういった漢方薬を買ってしまうと、トラブルの原因になってしまいます。

また最近では、ドラッグストアでも漢方薬専用の棚が増えてきていますが、ドラッグストアに常駐している薬剤師は漢方薬の専門家というわけではありません。初めて漢方薬を使う場合には、漢方専門医の診察を受けるのが間違いないです。しっかりと漢方の知識と経験が豊富な専門のお医者さんは、あなたに適した漢方薬をしっかりと処方してくれるので安心して使うことができます。

そして漢方薬を選ぶ時のもう1つのポイントですが、買う時には2週間ぶんを目安にしてみてくださいね。というのも、もし1~2週間ほど飲み続けても鼻炎症状が改善しないという場合。その漢方薬はあなたに合っていない可能性が高いんですね。最初に1か月分、2か月分と大量に買ってしまうと、結局余してしまいますので注意しましょう。

よく効く薬ほど副作用がある

漢方薬といえども、薬は薬です。今まで内服薬や点鼻薬を使ってきて、「副作用が辛いから漢方薬を使おう…」という人は非常に多いですが、漢方薬にも副作用は存在するんですね。そして、これは一般の薬と同じく、残念ながら効果の強い漢方薬であればあるほど副作用も強くなってしまいます。

例えば、最初にご紹介した小青竜湯には、麻黄(まおう)という成分が含まれています。この成分の副作用としては胃腸障害が起こりやすいということはすでに確認されていますし、実際に副作用を感じる人も少なくありません。

「漢方薬だから安心」とは考えず、あくまで薬であるということを忘れずに飲むようにしてみてくださいね。飲んだ後には「副作用は起きていないか?」「体への負担はどうか?」という部分をしっかりと観察して、そのうえで自分に合った漢方を見つけていくことが重要になってきます。効果といったメリットの部分だけでなく、デメリットの部分にもしっかりと目を向けてみてくださいね。

【鼻炎に効く漢方薬】まとめ

・自分に合った漢方薬を見極める
・鼻水が止まらない場合→水分バランスを調整する漢方を選ぶ
・鼻づまり症状の場合→血行を良くする漢方を選ぶ
・信頼できるお店で購入する
・2週間を目安に
・漢方薬にも副作用は存在する

鼻炎に効く漢方は数多くありますが、この記事では効果の高い代表的ないくつかをご紹介しました。もしこれから漢方薬を使っていこうと検討されている場合は、副作用など注意事項もしっかりと把握した上で使うようにしてみてくださいね。

そして忘れてはいけないのが、漢方薬にしても薬にしても、【それだけに頼らない】ということです。鼻炎症状は原因があって症状が出てきます。原因は花粉かもしれませんし、ダニやホコリかもしれません。そういったアレルゲンを体に入れないための努力や工夫をしていくことも症状軽減のためには重要なので環境的な対策もさらに意識するようにしてみてはいかがでしょうか。




>>(注目記事)アレルギー薬の副作用が辛いので、評判のサプリ試してみた

関連記事

小青竜湯の危険な副作用とは?いつまで飲み続ければ良い?

花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎ですが、「薬は副作用が辛いので漢方を飲み続けている」という

記事を読む

【ナザール点鼻薬】2つの危険な副作用とは?

花粉症や鼻炎による鼻づまり・鼻水などの症状を緩和させる点鼻薬は色々とありますが、市販薬の

記事を読む

クラリチンEX

アレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」

アレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」は、大正製薬が製造販売するアレルギー性鼻炎に効く薬です。

記事を読む

授乳中にクラリチンがNGな理由 赤ちゃんをアレルギー体質にさせない得策について

花粉症の症状を抑える薬として病院で処方されるクラリチンという内服薬。他の花粉症の薬の中には、花粉シー

記事を読む

アレグラ常用してるけど副作用が不安…やっぱり危険?

アレグラはアレルギー症状緩和のための薬ですが、 基本的には長期的に飲み続けることが前提の薬とな

記事を読む

授乳中にナザールは大丈夫?危険な薬の副作用とは

授乳中に鼻づまりが続いて精神的な負担がとても大きいという人は実は多くいらっしゃいます。もともとア

記事を読む

ディレグラの副作用で眠れない…原因と対処法まとめ

ディレグラは花粉症やアレルギー性鼻炎の症状を緩和させるために病院で処方される薬ですが、す

記事を読む

点鼻薬を止める方法とは?知らないと挫折する鼻づまりの仕組み

アレルギー性鼻炎持ちや花粉症体質であれば、使っている人も多い点鼻薬。すでに使ったことがあるという

記事を読む

小青竜湯は長期服用NG!その理由とは?

鼻づまり・鼻水対策としては薬よりも 副作用の少ないとされている漢方薬。 特に代表的な鼻水

記事を読む

ナゾネックスの副作用とは?使いすぎないための鼻づまり対策

ナゾネックスは花粉症などアレルギー性鼻炎の点鼻薬(噴射タイプ)として特に広く使われている薬になってい

記事を読む







ブタクサ
夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

衣類や髪の毛についたアレルギー物質対策

外出して家に帰ってくると、衣類や髪の毛には大量のアレルギー物質が付着し

花粉による肌トラブル「皮膚花粉症」

春先になっても目のかゆみ、鼻水などの症状が現れないので、自分は花粉症で

クラリチンEX
アレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」

アレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」は、大正製薬が製造販売するアレル

→もっと見る



PAGE TOP ↑