*

「目ん玉取り出したい…」そんな衝動とはオサラバです。

副作用なしでコレはヤバい…と、
満足度96・7%!!

1日たった74円なので、薬より安いんです。

↓詳細はこちら↓

【鼻炎対策】体質改善ができる漢方薬リスト

6c4dc12789d6b3335cb3f0a898e53b90_sアレルギー性鼻炎には花粉症に代表される季節性アレルギー性鼻炎や、ホコリ・ダニなどが原因の通年性アレルギー性鼻炎が存在します。ただ、どちらも鼻炎症状が起こる仕組みとしては同じで、体に侵入したアレルゲン(アレルギーの原因物質)に対して体内でヒスタミンという成分が過剰に分泌されるため鼻炎症状が引き起きてしまいます。

副作用の危険性

鼻炎症状を抑えるためには、ほとんどの病院では薬による治療法が進められていますよね。また、ドラッグストアなど市販の点鼻薬・鼻炎薬も数多く販売されています。ただし、こういった薬には必ず副作用の危険性がついてきてしまいます。

例えば、鼻炎薬によく使われる抗生物質を長く飲み続けることによって肝機能障害が起きてしまうというのは副作用の代表的な例です。ここまで副作用が悪化しない場合でも、薬を飲むことによって眠気が起きたり、またホルモンバランスが崩れてしまうなど。実際に薬による副作用を感じている人はとても多いんですね。

特に市販の点鼻薬にも多く使われている血管収縮剤は長期的に使用することによって効果が薄れてきたり、また血管が弱くなって鼻血が出やすくなるといった副作用も頻発しています。薬を飲む以上、どうしても症状を抑えるということでしか対処できる、なかなか完治させることは難しいと言われているアレルギー性鼻炎。

このアレルギー性鼻炎を治す方法と言えば、体質改善をすることしかないんですね。そこで今注目されているのが、漢方薬です。この記事では体質改善の効果が期待できる漢方薬についてまとめていきます。

体質改善が期待できる漢方薬(1)

鼻炎症状を改善するために体質改善の効果が期待できる漢方として、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)という漢方薬があります。アレルギー性鼻炎を始め、アトピーなどアレルギーが原因で症状を引き起こす体質を改善する効果があるとされている漢方薬です。

この荊芥連翹湯という漢方薬は17種類の生薬から作られているのですが、主な効果としては炎症をとる働きを持っています。さらに血行を促進させる効果があるので、体質改善に効果が期待できるとされているんですね。大人はもちろんですが、子供のアレルギー性鼻炎の体質改善としても用いられる代表的な漢方薬です。

体質改善が期待できる漢方薬(2)

花粉症など鼻炎の体質改善に高い効果が期待できる、もう1つの漢方薬が小建中湯(しょうけんちゅうとう)です。この漢方はもともと腹痛を和らげたり、胃腸の調子を良くするといった効果を持っている薬です。

少し前から「アレルギー体質の改善にはヨーグルトが良い」とよく言われていますが、これに少し似た仕組みとなっています。というのも、人間は胃腸を整えることによって免疫力を高めることができるんですね。そのため、ヨーグルトに含まれている乳酸菌がアレルギーに良いと言われていますが、小建中湯で胃腸の機能を高めることによって体質改善の効果が期待できます。

こちらも荊芥連翹湯と同様に大人だけでなく、子供のアレルギー性鼻炎の体質改善にも使うことのできる漢方薬となっています。

漢方薬にも副作用は存在する

「薬の副作用が辛いから漢方薬で体質改善をしたい」という人は年々増えてきていますが、1つ重い違いをされている人が非常に多いんですね。それが、「漢方薬だから副作用はない」ということ。

漢方薬とは言っても薬なので、副作用は存在するんですね。例えば、2つ目にご紹介した小建中湯(しょうけんちゅうとう)という漢方薬。重い副作用はないとされていますが、体がむくみやすくなったり、血圧が上がるという副作用も存在します。

もし漢方薬を長期的に飲み続けて体質改善をしたいくという場合も、しっかりと副作用について知識を持った状態でご自身の体の変化をしっかりと観察しながら服用するようにしてみてくださいね。

体質改善を考える前に第一に注意したいこと

アレルギー性鼻炎の症状を軽減させたり、また完治させたいという場合。そういった場合でも、ぜひ覚えておいて頂きたいのが【症状を悪化させない】ということです。体質改善をするのにはどうしても時間がかかってしまいますが、それ以前に今の症状を悪化させないことが一番重要なことなんですね。

鼻炎症状が悪化する原因は様々ですが、環境的な要因がかなり大きな範囲で占めています。例えば、花粉症であれば花粉の飛び方をしっかりと理解するなど。花粉を避けることは、花粉症の症状から逃れるうえで、最も大事な要因なんですね。花粉が大量に飛ぶ日に花粉にさらされるだけで、それ以降は花粉が飛ばなかったとしても2~3日は鼻炎症状が悪化すると言われています。こうした知識をしっかりと持って、対策を打つ必要があります。

また、自律神経を整えて鼻炎症状を悪化させないということも重要です。自律神経のバランスが崩れてしまうと、神経が過敏になってしまうため症状が悪化してしまいがちです。こうした悪循環を防ぐには自律神経を整える必要がありますので、規則正しい生活・睡眠や免疫力を上げるために適度な運動をするなど。こういった日ごろの積み重ねが大事なんですね。

鼻炎を悪化させない掃除の工夫

一日のうち、多くの時間を過ごすのが自宅ですよね。そんな自宅にもチリ・ホコリ・ダニや花粉といったアレルゲンは数多く存在します。空気清浄機や掃除機でしっかりと対策を行っているようでも、意外にも見落としがちなのが掃除の方法です。ちょっとした一工夫で劇的に鼻炎症状を緩和させることも可能なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

例えば、部屋を掃除するとき。花粉やホコリなどはとても細かい粒子でできているので、まず重要なのが舞い上がらせないということです。掃除機をかけるときには排気を質がいに出すようにしたり、花粉対策のフィルターを付けるなど。また、もしご自宅がフローリングや畳の場合には掃除機よりも昔ながらの掃除方法が効果的でもあります。

昔ながらの掃除方法というと面倒くさそうに聞こえるかもしれませんが、ほんのちょっとした工夫で良いんです。基本は、【濡らして拭く】ということ。茶がらを絞って散らしてホウキで掃いたり、新聞紙を濡らして花粉を舞いあがらせないようにしたり。もちろん、濡れ雑巾(ぞうきん)で仕上げに拭いてあげるのも効果的です。

掃除機を使った掃除方法はとてもカンタンで時間もかかりませんが、実際に花粉やダニなどをしっかりと除去できていなければ意味がありません。少し時間がかかったとしても、なるべくアレルゲンを残さない掃除の工夫を意識してみてくださいね。

【鼻炎対策】体質改善ができる漢方薬まとめ

・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)で血液循環を良くする
・小建中湯(しょうけんちゅうとう)で胃腸を整える
・漢方薬にも副作用は存在する
・まず重要なのは今の症状を悪化させないこと
・掃除方法など環境対策に一工夫をする

人それぞれ症状の重さは違ったとしても、鼻炎症状が悪化してくると生活や仕事に支障が出るほど辛いですよね。こうした症状を少しでも軽減するために体質改善をしたいという気持ちは痛いほどわかりますが、まず先決なのは今の症状を悪化させないということです。

そのためには、ちょっとした生活の中での一工夫で症状を悪化させないことは可能です。少し面倒だったり、時間がかかることではありますが、長い目で見ても症状緩和には欠かせないことですので、ぜひ1つずつ意識をしてみてはいかがでしょうか。




>>(注目記事)アレルギー薬の副作用が辛いので、評判のサプリ試してみた

関連記事

グンと楽になる【鼻炎に効く漢方薬】の選び方とは?

通年性のアレルギー性鼻炎や花粉症など、鼻炎への対処法といえば内服薬や点鼻薬が主流になっていますよね。

記事を読む

小青竜湯は妊娠中にNGの理由とは?妊婦さんにおすすめの漢方はコレ

妊娠中にアレルギー性鼻炎や花粉症などで 鼻づまりが続くと、心身ともに負担が強くなってしまいます

記事を読む

フェキソフェナジン錠AG

アレルギー専用鼻炎薬「フェキソフェナジン錠AG」

フェキソフェナジン錠AGは、キョーリンリメディオ(株)が製造販売するアレルギー症状に効く薬です。

記事を読む

ムコダインで咳が止まらないのは危険?副作用と効果について

ムコダインは副鼻腔炎(蓄膿症)の治療薬として処方されることの多い薬。その効果としては排膿

記事を読む

アレルギー鼻炎薬「アレグラ」と「アレジオン」の違いを詳しく解説

ドラッグストアやスーパーの薬売り場で見かけるアレルギー鼻炎薬と言えば、「アレグラ」と「アレジオン」で

記事を読む

小青竜湯の危険な副作用とは?いつまで飲み続ければ良い?

花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎ですが、「薬は副作用が辛いので漢方を飲み続けている」という

記事を読む

ナゾネックスが効かない?効果を100%引き出す使い方まとめました

アレルギー性鼻炎の点鼻薬は色々なタイプの商品がありますが、耳鼻科などでもよく勧められるのがナゾネック

記事を読む

ナゾネックスの副作用とは?使いすぎないための鼻づまり対策

ナゾネックスは花粉症などアレルギー性鼻炎の点鼻薬(噴射タイプ)として特に広く使われている薬になってい

記事を読む

トラマゾリン点鼻液の副作用は?症状が悪化する危険性も…

アレルギー性鼻炎持ちだと病院で点鼻薬など薬を処方されますが、中でも処方されることが多い薬がトラマゾリ

記事を読む

知ら損!ザイザルの眠気を圧倒的に抑える方法とは?

抗アレルギー薬として販売されているザイザルですが、人によっては副作用が出やすいので飲む場

記事を読む







ブタクサ
夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

衣類や髪の毛についたアレルギー物質対策

外出して家に帰ってくると、衣類や髪の毛には大量のアレルギー物質が付着し

花粉による肌トラブル「皮膚花粉症」

春先になっても目のかゆみ、鼻水などの症状が現れないので、自分は花粉症で

クラリチンEX
アレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」

アレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」は、大正製薬が製造販売するアレル

→もっと見る



PAGE TOP ↑