*

「目ん玉取り出したい…」そんな衝動とはオサラバです。

副作用なしでコレはヤバい…と、
満足度96・7%!!

1日たった74円なので、薬より安いんです。

↓詳細はこちら↓

アレグラは妊娠中に大丈夫?我慢できないときの対処法まとめ

c134197882649866167da216cae04ee5_s

アレグラはアレルギー症状の原因となるヒスタミンという体内分泌物質を抑える働きを持っている薬。アレルギー性鼻炎を始め、花粉症やアトピー性皮膚炎など、アレルギーが原因の症状を抑える効果があるということで広く使われています。

アレルギー症状が起きる原因は、外部からの侵入物などに対して体が過剰に反応し、ヒスタミンが必要以上に分泌されてしまうことが根本の原因ですが、このヒスタミンを抑える働きをアレグラは行ってくれるので、飲んですぐにアレルギー症状が軽減されるほど効果を体感しやすい薬でもあります。ただ、便利に使えるアレグラですが、薬なのでどうしても副作用が存在します。この副作用については、健康状態に大きく影響が与える可能性が高いので、使う前にしっかりと注意すべき必要があります。

特に妊娠中の場合、アレグラを使うのは避けた方が良いです。

なぜ、妊娠中にアレグラは危険なのか?

「妊娠中は基本的に薬を飲んではいけない」ということは既に常識となってきましたが、我慢できないほどの鼻づまり・皮膚の痒みなどが続いてしまうと、爆発するほどストレスが溜まってしまうので、アレグラに手を伸ばしてしまいそうになる気持ちになってしまいますよね。

ただ、やはり使うかどうかはしっかりと慎重に判断すべきです。アレグラを始めとする抗ヒスタミン薬の注意事項にもしっかりと記載されていますが、「妊娠中は避ける」と注意書きがあります。基本的に妊娠中にアレグラを飲んではいけないんですね。

妊娠中にアレグラを飲んではいけない理由ですが、赤ちゃんが奇形になってしまう可能性があるためです。実際にアレグラを飲んだからといって赤ちゃんに必ず影響が出てくるというわけではありませんが、可能性として捨てきれないという事実があるんですね。特に妊娠初期のタイミングでは、薬の成分が赤ちゃんに行きわたりやすいので、特にこの期間中は絶対に飲まないようにしましょう。

ただし、例外があります。それは、「薬の効果が、薬を飲まないことによるデメリットを上回った時」です。少し難しく書いてしまいましたが、わかりやすく言うと、薬を飲むメリットとリスクを天秤(てんびん)にかけるわけです。この場合、リスクよりもメリットが上回ったと医者が判断した場合にはGOサインが出るというわけですね。例えばですが、鼻炎や花粉症の症状が悪化しすぎて寝ることすらままならないという場合。こうなると、過剰な睡眠不足は赤ちゃんへの悪影響が懸念されます。そういった場合、薬を飲んでまずは症状を軽減させましょう、となります。これは産婦人科・皮膚科の両方のお医者さんに相談して判断してもらうようにしてくださいね。

そしてもう1つ、妊娠中にアレグラを飲んではいけない理由があります。それは、そもそものアレグラの副作用によるもの。昔の抗ヒスタミン薬に比べると、アレグラはずいぶんと副作用が減ってきました。ただ、全くなくなったわけではないんですね。今までにこの薬を飲んだご経験がありましたらおわかりかと思いますが、眠気や倦怠感が出やすいということ。妊娠中、特につわりの時期はそれだけで眠気や気持ち悪さ・吐き気などが出てきてしまいます。これに加えてアレグラの副作用が出てくると、本当に辛い生活になってきてしまうんですね。

万が一、赤ちゃんに影響が出たとしても自己責任です

どうしてもアレルギーの症状が我慢できずにアレグラを飲んでしまった場合。もしくは、医者からのGOサインが出て薬を飲みだした場合。そのどちらの場合でも、万が一、赤ちゃんが奇形になってしまったとしても、誰も責任をとってくれません。後で自分が後悔するだけなんですね。

そういった危険性が未来に待ち構えている可能性も捨てきれないということを覚えておきましょう。ただし、アレルギー症状を抑える方法は何も薬だけではないんですね。色々な角度からアレルギー症状を抑えることは可能なので、いくつかその方法をご紹介しますね。
アレグラを飲んでいる人の中には鼻炎・花粉症など鼻アレルギーで悩んでいる方が非常に多いので、ここでは鼻炎対策の方法を中心にご紹介していきます。

アレグラと同じ効果?副作用なしの甜茶

甜茶(てんちゃ)というお茶をご存じでしょうか?もともとは中国原産の植物なのですが、中国では薬として古くから使われてきました。このお茶、もともとは抗炎症作用・殺菌作用が高いということで風邪の予防・治療として主に飲まれてきたお茶なんですね。

ただ最近の日本国内の研究結果では、驚きの研究結果が確認されているんです。その結果というのが、「甜茶(てんちゃ)は体内のヒスタミン分泌を抑える働きがある」ということです。このヒスタミンについては、アレグラの効果の仕組みの部分でもお伝えしてきましたね。鼻炎を始め、アレルギー症状が出る根本の原因になっています。わかりやすく言うと、アレルギー症状が出るためのスイッチのような役割りをヒスタミンが持っているわけです。このスイッチを押さないように防ぐ機能を甜茶は持っているんですね。もちろん、甜茶には薬とは違って副作用はありませんので、妊娠中でも赤ちゃんへの影響を気にせず飲むことができるんです。

さらに甜茶には抗炎症作用が確認されていますので、鼻づまり・鼻水などの原因にもなる鼻粘膜の腫れを抑える作用が期待できるんですよ。特に妊娠中に鼻づまりが続いてしまうと、夜にしっかりと熟睡できなかったりストレスが溜まりやすくなってしまったり。こういった状態が続くと赤ちゃんへの悪影響も心配されますので、ストレスなく過ごすための鼻炎対策グッズとしては広く使われているんですね。

<h2>鼻炎症状が続く場合にはお風呂の入り方にも工夫を
妊娠中は、ただでさえホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れやすくなってしまっています。こうなると、もともとアレルギー体質でなくても鼻がつまりやすくなったり、鼻炎のような症状が出てしまう妊婦さんも非常に多いんですね。これは妊娠性鼻炎と言われますが、黄体ホルモンというホルモンが分泌されるため。このホルモン自体、血管を拡張させるという特性を持っているので鼻粘膜が圧迫されやすく、鼻づまりの原因になってしまいます。

鼻づまり・鼻水が出やすくなるのもホルモンバランス・自律神経のバランスが大きく影響しているわけですが、この自律神経のバランスを整えるには「冷え」を防ぐことが重要になってくるんですね。というのも、体温が36度よりも低い人の場合には自律神経のうち、交感神経か副交感神経のどちらかが過剰に優位に働いてしまっているということがすでに確認されています。自律神経のバランスが崩れてしまうと、アレルギー症状が悪化するということもわかっているんですね。

自律神経のバランスが崩れるのを防ぐためには、体を冷やさないということが重要なんです。もともと妊婦さんにとって冷えは大敵ですので、今回ご紹介する入浴法は赤ちゃんにとっても良い影響を与えてくれますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

入浴法ノコツですが、38~40℃のぬるま湯に設定すること。そして、おヘソから胸のあたりまで浸かり、汗が出るまで15~30分を目安にじっくり浸かるだけです。お湯が41度以上になってしまうと体が疲れてしまいますし、半身浴のように温度が低すぎてもNGです。このお湯の設定温度と入浴時間を意識することで、ゆっくりと体温を上げることができますので体に負担がかからないんですね。そして、ゆっくりと体を温められるので自律神経のバランスを整えて鼻炎などアレルギー症状改善の効果が期待できるんです。

まとめ

・アレグラは胎児が奇形になる危険性あり
・副作用で眠気や倦怠感が出やすいので注意が必要
・どうしても鼻炎が辛い場合には医者に相談する
・もし赤ちゃんに影響が出たとしても自己責任
・甜茶は副作用なしでアレグラと同等の効果が期待できる
・お風呂の入り方を工夫して体温を上げる

妊娠中には、体に不調が出てきたとしてもなかなか薬に頼ることはできません。ただし、体を冷やさないこと、そして質の良い睡眠とバランスの良い食生活を心掛けるだけでアレルギー症状を悪化させないことは可能なんですね。特にもともと低体温気味の妊婦さんは注意すべきですが、まずは体を温めることを第一に考えてくださいね。




>>(注目記事)アレルギー薬の副作用が辛いので、評判のサプリ試してみた

関連記事

妊婦に鼻炎スプレーはNG?赤ちゃんへの影響が怖い…

もともと花粉症や鼻炎など鼻づまり体質だった人だけでなく、妊娠をきっかけに鼻づまりに悩まされる妊婦

記事を読む

アレグラを飲んだら頭痛に…これって副作用?

アレグラを飲みだしてから アレルギー症状が楽になる人はとても多いですが、 その反面、副作用を

記事を読む

アレグラとザイザルの違いとは?

花粉症やアレルギー症状の緩和のために 薬で対処するという方法がありますが、 特に代表的な薬と

記事を読む

ナゾネックスの副作用とは?使いすぎないための鼻づまり対策

ナゾネックスは花粉症などアレルギー性鼻炎の点鼻薬(噴射タイプ)として特に広く使われている薬になってい

記事を読む

トラマゾリンが胎児に与える影響は?発達障害の危険性も…

トラマゾリンは耳鼻科で処方されることの多い点鼻薬ですが、妊娠中に使用する場合には注意が必要です。

記事を読む

グンと楽になる【鼻炎に効く漢方薬】の選び方とは?

通年性のアレルギー性鼻炎や花粉症など、鼻炎への対処法といえば内服薬や点鼻薬が主流になっていますよね。

記事を読む

アレルカット広告

アレルギー性鼻炎用点鼻薬「アレルカット」

アレルギー性鼻炎用点鼻薬「アレルカット」について解説いたします。 最近は、電車内にも広告が貼ら

記事を読む

ムコダインで咳が止まらないのは危険?副作用と効果について

ムコダインは副鼻腔炎(蓄膿症)の治療薬として処方されることの多い薬。その効果としては排膿

記事を読む

妊娠中に市販の点鼻薬はOK?体に負担をかけない鼻炎対策とは

妊娠中に花粉症やアレルギー性鼻炎が悪化すると、ただでさえホルモンバランスが崩れて精神的にも辛

記事を読む

ナゾネックスが効かない?効果を100%引き出す使い方まとめました

アレルギー性鼻炎の点鼻薬は色々なタイプの商品がありますが、耳鼻科などでもよく勧められるのがナゾネック

記事を読む







べにふうき茶は、水で抽出しても効果あり?

当サイトに「べにふうき茶は、水で抽出して飲んでもよいのでしょうか」とい

甜茶の由来・種類・効能について

甜茶の由来 「花粉症などのアレルギーに良い」と言われている甜茶につい

ブタクサ
夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

衣類や髪の毛についたアレルギー物質対策

外出して家に帰ってくると、衣類や髪の毛には大量のアレルギー物質が付着し

→もっと見る



PAGE TOP ↑