*

「目ん玉取り出したい…」そんな衝動とはオサラバです。

副作用なしでコレはヤバい…と、
満足度96・7%!!

1日たった74円なので、薬より安いんです。

↓詳細はこちら↓

妊娠すると鼻炎が悪化?対処法と危険なシグナル

311c10b9b6a19e564c1565e49ec9a3c6_s

妊婦さんはつわりがあったり、出産への不安があったりと日々生活しているだけでも精神的に参りやすいですよね。人によってつわりの症状などは異なりますが、特に多いのが鼻づまりになるというケースです。そしてもともと鼻炎体質の人が妊娠をきっかけにして鼻炎が悪化するということは実はとても多いんですね。

妊娠中に鼻炎が悪化する理由とは?

妊婦さんが鼻炎を悪化させてしまう理由はいくつかあります。特に多いものとしては、妊娠性鼻炎の影響です。もともと鼻炎でなかった人でも妊娠をきっかけに鼻づまり・鼻水が症状として出てくるケースですが、鼻炎体質だと更に症状が悪化しやすくなります。

これは妊娠をきっかけにホルモンバランスが変化してしまうことが大きな原因になっているんですね。ホルモンバランスが変化することによって鼻の粘膜の血流量が増えます。血流量が増えると、鼻粘膜に存在している毛細血管がどうしても膨張するので、鼻づまりを引き起こしてしまうわけですね。

また、血液量が増えることによって鼻水を分泌する腺が刺激されます。その結果として、鼻水が大量に出てくるという症状も目立ちます。こういった妊娠性鼻炎がきっかけによる鼻炎悪化の症状は特に妊娠初期ごろから増えてくる傾向にあるんですね。

鼻炎体質の場合は更に症状が悪化する

もともと鼻炎体質の場合は、鼻になんらかのアレルギーを持っている人が多いですね。人によってアレルゲン(アレルギーの原因物質)はホコリ・ハウスダスト・ダニ・花粉など様々。ただ、ホルモンバランスが変化するということは免疫バランスも乱れやすくなってしまうんですね。

アレルギー性鼻炎が悪化する大きな要素として、この免疫バランスの乱れが指摘されています。これは妊婦さんだけでなく、例えば睡眠不足が続いてしまったり、ストレスが溜まっている場合も同じこと。ホルモンバランスが変化することによって免疫バランスが乱れてしまい、自分の体の弱い部分に影響が出やすいんです。その結果として、鼻炎が悪化するというわけです。

やってはいけない対処法とは

9e78ff000e555d9330e5cd6b2286e6d1_s
妊娠中に鼻炎が悪化すると、ストレスが溜まったり、夜眠れなくなってしまったり。鼻づまりになることで直接的にお腹にいる赤ちゃんに悪影響はありませんが、ストレスが溜まったり寝不足になることによって赤ちゃんへの影響はやはり少なからずありますので、しっかりと対処をしましょう。

ただし、1つ注意しなければいけないのが、薬はなるべく使わないようにするということ。耳鼻科にかかったとしても、基本的には妊婦さんに鼻炎薬を処方されることはありませんが、中には市販の鼻炎薬に手を出してしまう妊婦さんもいるんですね。

市販の鼻炎薬にも色々とありますが、特に多いのが血管収縮作用のある鼻炎薬です。花粉症やアレルギー性鼻炎の薬として広く普及している薬ですね。この薬の作用としては、鼻粘膜に存在している毛細血管を薬で収縮させることによって、鼻づまり・鼻水など鼻炎症状を緩和するというもの。ただ、もちろんこの薬には強い副作用があります。

たとえ妊婦さんでなかったとしても、この血管収縮タイプの鼻炎薬を使うことによって、鼻の毛細血管が弱くなってしまいます。薬で強制的に血管を収縮させているからですが、血管自体の弾力性が弱まってしまうんですね。その副作用として鼻血が出やすくなるということがよく言われますが、それだけではありません。鼻粘膜が弱ってしまうので、長期的に使うことによって鼻炎がさらに悪化してしまうんですね。

さらに、この鼻炎薬は基本的に妊婦さんは使ってはいけないということになっています(あまりにも鼻炎が重症化していて体への悪影響が高すぎる場合には使われることもあります)。これはなぜか?というと、血管収縮剤としての成分が微量ではありますが、体内に吸収されるという副作用が報告されているからなんですね。血管収縮成分が体に吸収されると、どうなるか?これは、体中の血管を収縮させる危険性があります。もちろん、第一段階としては血行が悪くなります。これによって体温が低下してしまうといった副作用が出るケースは多いんですね。

また、血流が悪くなることによって、赤ちゃんに送られる血液にももちろん影響が出てきます。赤ちゃんが成長している時期に血流が悪くなることによって、赤ちゃんの成長を阻害する危険性もあるので注意しましょう。

まずは薬に頼らない対処法を実践しましょう

ここまでに、妊娠中に鼻炎薬を使うことの危険性をお伝えしてきました。最悪の場合には赤ちゃんの発達を止めてしまう危険性もありますので、まずは薬に頼らない対処法を実践するようにしてみてくださいね。

例えば、もし鼻にアレルギーがある場合にはアレルギー対策をしっかり行うということ。きっかけとしてはホルモンバランスの乱れによる鼻炎悪化かもしれないですが、そもそもはアレルギー体質が原因だという人がとても多いです。特にハウスダストや花粉、ダニといったアレルゲンはふだん過ごすことの多い室内環境を見直すことで、ある程度は症状悪化を防ぐことはできるんですね。

小まめに掃除機をかけたり、空気清浄機をつけたり。また、もし知識がしっかりある方でしたら室内の湿度管理もしっかりと行われているかもしれないですね。こういった対策はとても有効です。まずはアレルゲンを体内に侵入させないことが、鼻炎悪化を防ぐための近道だからなんですね。
ただ、もう1つ加えるのであれば、なるべく床は雑巾がけをするということ。やはり掃除機だとどうしても排気口からの風でアレルゲンが空気中に舞ってしまいます。この空気中に舞ったハウスダストなどが体内に吸収されてしまうので、どうしても鼻炎が悪化しやすいんですね。その点、雑巾がけだとハウスダストを舞わせずにしっかり吸着することができるので有効です。

寝る前の鼻炎対策は特に意識しましょう

意外にも鼻炎が悪化しやすいのが、夜寝ている間です。昼間とは違い、布団の中にじっとしていても鼻炎は悪化しやすいんですね。これは、布団や枕などに付着しているアレルゲンを吸いこみやすいというのが大きな理由です。布団や枕を小まめに手入れするという対処法も有効ですが、寝る時こそ湿度管理に注意してくださいね。

というのも、寝ている間には6~8時間ほどは水分補給をしません。にも関わらず、汗で体内から水分は出て行ってしまいますね。こうなると、体から水分がどんどん抜けてしまい、これは当然、鼻にも影響が出てきます。鼻が乾燥しやすくなるわけですね。鼻が乾燥すると、アレルゲンが侵入しやすくなってしまうんです。砂漠に降った雨が瞬時に吸収されるのと、仕組みは同じですね。

これを防ぐためには寝室に加湿器を置くという方法も有効ですし、濡れタオルを枕元に置いておくというだけでも効果的なんですよ。特に妊娠中には夜に鼻炎が悪化すると寝つきが悪くなってしまいますので、寝不足になってしまっては赤ちゃんにも影響が出やすいです。そう言った危険性を避けるためにもぜひ寝る時こそ鼻炎対策を意識しましょう。

まとめ

・妊娠中は血液量が増えるため鼻炎が悪化しやすい
・アレルギー性鼻炎の場合は更に鼻に症状が出やすい
・まずはアレルゲンを遠ざけることが最優先
・鼻炎薬は赤ちゃんへ悪影響の危険性があるので使わない
・床はしっかり雑巾がけをする
・寝る時は湿度対策が重要

基本的にはアレルゲンを遠ざけることで鼻炎悪化を防ぐことはできますが、妊婦さんによってはそれでも症状があまりにも悪化してしまうという方もいらっしゃいます。そんな場合には薬以外でも、即効性のある鼻づまり解消法は確かに存在しますので、まずは薬に頼らないということを意識してくださいね。

もし余力があるのであれば、定期的に運動やストレッチを取り入れましょう。運動は自律神経を整えて鼻炎悪化を防ぐことにはやはり効果的ですし、特に妊娠中には適度な運動は赤ちゃんのためにも良いですね。まずはストレスが溜まらない、そして長く実践できる方法を選ぶのが良いですよ。




>>(注目記事)アレルギー薬の副作用が辛いので、評判のサプリ試してみた

関連記事

なた豆茶はなぜ、鼻炎に効くのか?効果の仕組みとデメリットまとめ

鼻炎治療についてですが、耳鼻科などでは基本的に飲み薬・点鼻薬などで治療をしていく方法が一般的

記事を読む

バセドウ病に鼻炎薬は危険!避けるべき薬まとめ

バセドウ病は甲状腺ホルモンが通常よりも多く分泌されてしまうという病気。完治するのはなかな

記事を読む

【甜茶の副作用】カフェインは含まれてる?※偽物に注意

甜茶は鼻炎・花粉症などに効果があるとされているお茶ですが、飲み続けるとなると副作用や安全性など色々な

記事を読む

アレジラスト20

アレルギー専用鼻炎薬「アレジラスト20」

アレルギー専用鼻炎薬「アレジラスト20」は、大興製薬(株)、小林薬品工業㈱が製造販売するアレルギー症

記事を読む

R-1は花粉症に効果あり?逆に症状が悪化する危険性も

「強さ引き出す~」で知名度の上がってきた、明治から発売されているR-1という乳酸菌ヨーグ

記事を読む

鼻うがいの正しいやり方 間違ったやり方は逆効果になるんです

鼻うがいはアレルギー性鼻炎や花粉症の症状を抑えるために効果的な対処法として、以前から広く

記事を読む

鼻うがいの危険性 逆効果になるケースとは?

アレルギー性鼻炎や花粉症体質だと、その症状は鼻づまり・鼻水として出てくることが多いですね

記事を読む

no image

【世界一受けたい授業】花粉症の鼻づまりに効果的な解消法とは?

毎年やってきてしまう花粉症の季節がやってきましたが、 1月28日放送の世界一受けたい授業では

記事を読む

実際のところ、漢方はアレルギー性鼻炎に効果あるの?

アレルギー性鼻炎には季節性の花粉症、また通年性のホコリ・ダニアレルギーなど様々な原因がありますが、ど

記事を読む

接客業中にコッソリできる!【鼻炎対策2選】

鼻炎にはアレルギー性鼻炎や花粉症など病名としては色々とありますが、その全てが鼻水がとめど

記事を読む







貼る花粉症薬 アレサガテープ

今年も憂鬱な花粉症シーズンが到来します。 皆様ご存知のように、ア

べにふうき茶は、水で抽出しても効果あり?

当サイトに「べにふうき茶は、水で抽出して飲んでもよいのでしょうか」とい

甜茶の由来・種類・効能について

甜茶の由来 「花粉症などのアレルギーに良い」と言われている甜茶につい

ブタクサ
夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

→もっと見る



PAGE TOP ↑