*

「目ん玉取り出したい…」そんな衝動とはオサラバです。

副作用なしでコレはヤバい…と、
満足度96・7%!!

1日たった74円なので、薬より安いんです。

↓詳細はこちら↓

アレグラって、授乳中でも飲んで大丈夫?

e31f6e80f07862d4e4159114c3159ca0_s
花粉症やアレルギー性鼻炎など、その症状があまりにも辛いと
授乳中でもアレグラなど薬に頼りたくなってしまいますよね。

ただし、授乳中は基本的にアレグラを飲んではいけない
されていますので、自己判断で飲むことはしないように注意してくださいね。

これは、アレグラの薬の成分が母乳に移行してしまうことが
ラットの実験によってすでに確認されているため。

この薬の移行によって赤ちゃんに与える影響は
極めて少ないとされていますが、
それでも危険性を考えるとやはりデメリットが大きすぎるので
授乳中には基本的にアレグラを飲んではいけないとされているんですね。

ただ、1つ例外があります。

それは、アレグラを飲むメリットがデメリットを
上回ったと判断された場合です。

わかりやすく言うと、
アレグラを飲まないでアレルギー症状が悪化するよりも、
飲んで症状が治まった方がメリットが大きいと判断された場合です。

しかしこれはもちろん、自己判断で行えるものではありません。

病院でお医者さんによって判断されるものなので、
もしあまりにも症状が辛い場合には
まず病院にかかるようにしてみてくださいね。

そのうえで、

・母乳を続けながらアレグラを飲む

・母乳を中断してアレグラを飲む

など、いくつかの選択肢を選ぶ形になります。

それぞれメリットやデメリットもありますが、
医者と相談したうえでの決定になりますので
どちらにしても自己判断はしないようにしてくださいね。

ちなみに、もし間違って自己判断でアレグラを
授乳中に飲んでしまったという場合。

薬の成分が母乳に移行して、完全にその成分がなくなるのは
40時間ほどとされています。

もしアレグラを授乳中に飲んでしまった場合には、
2日間は赤ちゃんにおっぱいをあげないように注意してくださいね。




>>(注目記事)アレルギー薬の副作用が辛いので、評判のサプリ試してみた

関連記事

アレグラを飲んだり飲まなかったりしても大丈夫?正しい飲み方について

花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状緩和に 効果的なアレグラですが、 その効果を最大限に発揮さ

記事を読む

妊婦に鼻炎スプレーはNG?赤ちゃんへの影響が怖い…

もともと花粉症や鼻炎など鼻づまり体質だった人だけでなく、妊娠をきっかけに鼻づまりに悩まされる妊婦

記事を読む

グンと楽になる【鼻炎に効く漢方薬】の選び方とは?

通年性のアレルギー性鼻炎や花粉症など、鼻炎への対処法といえば内服薬や点鼻薬が主流になっていますよね。

記事を読む

トラマゾリンが胎児に与える影響は?発達障害の危険性も…

トラマゾリンは耳鼻科で処方されることの多い点鼻薬ですが、妊娠中に使用する場合には注意が必要です。

記事を読む

知ら損!ザイザルの眠気を圧倒的に抑える方法とは?

抗アレルギー薬として販売されているザイザルですが、人によっては副作用が出やすいので飲む場

記事を読む

小青竜湯は長期服用NG!その理由とは?

鼻づまり・鼻水対策としては薬よりも 副作用の少ないとされている漢方薬。 特に代表的な鼻水

記事を読む

トラマゾリン点鼻液の副作用は?症状が悪化する危険性も…

アレルギー性鼻炎持ちだと病院で点鼻薬など薬を処方されますが、中でも処方されることが多い薬がトラマゾリ

記事を読む

アレルギー鼻炎薬「アレグラ」と「アレジオン」の違いを詳しく解説

ドラッグストアやスーパーの薬売り場で見かけるアレルギー鼻炎薬と言えば、「アレグラ」と「アレジオン」で

記事を読む

アレロックで便秘になる決定的な理由 副作用なしの便秘解消法は?

花粉症の薬としても広く使われているアレロックですが、アレルギー症状の原因となるヒスタミン分泌を抑える

記事を読む

アレグラは妊娠中に大丈夫?我慢できないときの対処法まとめ

アレグラはアレルギー症状の原因となるヒスタミンという体内分泌物質を抑える働きを持っている

記事を読む







べにふうき茶は、水で抽出しても効果あり?

当サイトに「べにふうき茶は、水で抽出して飲んでもよいのでしょうか」とい

甜茶の由来・種類・効能について

甜茶の由来 「花粉症などのアレルギーに良い」と言われている甜茶につい

ブタクサ
夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

衣類や髪の毛についたアレルギー物質対策

外出して家に帰ってくると、衣類や髪の毛には大量のアレルギー物質が付着し

→もっと見る



PAGE TOP ↑