*

「目ん玉取り出したい…」そんな衝動とはオサラバです。

副作用なしでコレはヤバい…と評判!

すーすースッキリするじゃない!えぞ式すーすー茶

↓詳細はこちら↓

アレグラとザイザルの違いとは?

8521a4201e7c00f6ab4cbe55437c1b5b_s
花粉症やアレルギー症状の緩和のために
薬で対処するという方法がありますが、
特に代表的な薬といえばアレグラとザイザルです。

この2つの大きな違いですが、

アレグラ→副作用としての眠気が少ない

ザイザル→副作用として眠気が出やすい

この副作用の部分が大きな特徴となっています。

日中に眠気が出てくると困るという人には
アレグラが向いているんですね。

ただ、効果だけで考えるとザイザルの方が
強めではあります。

これは人それぞれの症状の出方によって
向き不向きはありますが、
もしアレルギー症状が重度の場合にはアレグラを飲んでも
効果を感じられない可能性が高いです。

そうなってくると、より効果の強いザイザルを選んだ方が
効果を体感しやすくなってくるんですね。

どちらも第二世代の抗ヒスタミン薬ということで
明確に使い分けの基準が存在しているわけではありませんが、
仕事などで眠くなると困る場合にはアレグラがおすすめです。

そもそも、アレグラにしてもザイザルにしても
薬を飲んでアレルギー症状を緩和させ、生活を円滑に進めるための
補助としての役割りが主になってきます。

副作用の影響で生活や仕事に影響が出てしまっては
意味がないですよね。

そのため、まず第一に副作用を見て
薬を選ぶことが重要となります。

なので、

①アレグラを飲んで効果を確かめる

②もしアレグラで効果を感じられない場合にはザイザルを使う

こういった順序で病院でも勧められることが
多いんですよ。




>>(注目記事)アレルギー薬の副作用が辛いので、評判のお茶を試してみた

関連記事

アレグラで眠くなる…対処法は?

アレグラは花粉症の治療薬として販売されている 抗ヒスタミン薬ですが、ドラッグストアなどでも手軽

記事を読む

小青竜湯の危険な副作用とは?正しい漢方薬の選び方

アレルギー性鼻炎や花粉症など、鼻づまり・鼻水などの症状が出る場合の対策としては色々な薬が

記事を読む

点鼻薬を止める方法とは?知らないと挫折する鼻づまりの仕組み

アレルギー性鼻炎持ちや花粉症体質であれば、使っている人も多い点鼻薬。すでに使ったことがあるという

記事を読む

授乳中にクラリチンがNGな理由 赤ちゃんをアレルギー体質にさせない得策について

花粉症の症状を抑える薬として病院で処方されるクラリチンという内服薬。他の花粉症の薬の中には、花粉シー

記事を読む

小青竜湯は妊娠中にNGの理由とは?妊婦さんにおすすめの漢方はコレ

妊娠中にアレルギー性鼻炎や花粉症などで 鼻づまりが続くと、心身ともに負担が強くなってしまいます

記事を読む

【授乳中】安全に使える点鼻薬3選まとめ

授乳中だと鼻炎や花粉症の症状が出た時、どう対処するか悩みどころですよね。もともと花粉症や鼻炎気味のマ

記事を読む

ゼスランが効かない決定的なワケはこの2つ

ゼスランは花粉症による鼻水・くしゃみを軽減させるための薬として広く使われていますね。病院

記事を読む

トラマゾリン点鼻液の副作用は?症状が悪化する危険性も…

アレルギー性鼻炎持ちだと病院で点鼻薬など薬を処方されますが、中でも処方されることが多い薬がトラマゾリ

記事を読む

アレルギー性鼻炎にアレロックが効かない!原因と対処法は?

アレルギー性鼻炎の症状を抑えるためには主に飲み薬・点鼻薬のどちらかを処方されることが多いです。中でも

記事を読む

ムコダインで咳が止まらないのは危険?副作用と効果について

ムコダインは副鼻腔炎(蓄膿症)の治療薬として処方されることの多い薬。その効果としては排膿

記事を読む







貼る花粉症薬 アレサガテープ

今年も憂鬱な花粉症シーズンが到来します。 皆様ご存知のように、ア

べにふうき茶は、水で抽出しても効果あり?

当サイトに「べにふうき茶は、水で抽出して飲んでもよいのでしょうか」とい

甜茶の由来・種類・効能について

甜茶の由来 「花粉症などのアレルギーに良い」と言われている甜茶につい

ブタクサ
夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

→もっと見る



PAGE TOP ↑