*

「目ん玉取り出したい…」そんな衝動とはオサラバです。

副作用なしでコレはヤバい…と、
満足度96・7%!!

1日たった74円なので、薬より安いんです。

↓詳細はこちら↓

小青竜湯は妊娠中にNGの理由とは?妊婦さんにおすすめの漢方はコレ

6c4dc12789d6b3335cb3f0a898e53b90_s
妊娠中にアレルギー性鼻炎や花粉症などで
鼻づまりが続くと、心身ともに負担が強くなってしまいますよね。

場合によっては、あまりにも症状が辛いと
それだけで寝付けなくなり寝不足になってしまうこともあるので
どうにか対処したいところですが、
薬を飲めないのが妊婦さんの辛いところ。

そんな場合に、
花粉症やアレルギー性鼻炎に効果のある
小青竜湯であれば良いのでは?と思う人がいますが、
妊娠中に小青竜湯を飲んではいけないので注意が必要です。

その理由としては、小青竜湯にはその成分に麻黄という成分が含まれています。

これは漢方で有名な葛根湯などにも
多く含まれている主成分。

その作用としては、汗をかかせて発散させるという効果のために
体力がしっかりある人に処方される漢方なんですね。

そのため、妊婦さんなど体が弱い状態にある場合には
麻黄が含まれている小青竜湯を飲んではいけないんですね。

それでも鼻づまりが辛い場合に妊娠中でも飲むことのできる漢方が
ありますので、1つご紹介させて頂きますね。

それが、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)という漢方です。

花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状としては
鼻水がタラーっと垂れてくる症状が多いですが、
東洋医学ではこういった症状を「水毒」と言います。

特に妊娠中には体内の水・血のめぐりが悪くなるので
こうした水毒の症状が悪化しやすいんですが、
これを改善してくれるのが当帰芍薬散という漢方なんですね。

もちろん妊娠中でも飲むことができますし、
花粉症対策としては高い効果が期待できる漢方と
なっています。

そのうえで、鼻水の原因となっている水分を
まず控えるようにしてみてくださいね。

そうすることで、体に余分な水が溜まることがなくなりますので、
鼻水の量を減らすことができます。

合わせて体を温めるということも忘れないように
してみてくださいね。




>>(注目記事)アレルギー薬の副作用が辛いので、評判のサプリ試してみた

関連記事

【ジルテック】子供にはどんな副作用がある?薬だけに頼らない対処法

ジルテックは主にヒスタミンの働きを制御するという働きを持っているため、花粉症や鼻炎などア

記事を読む

妊婦に鼻炎スプレーはNG?赤ちゃんへの影響が怖い…

もともと花粉症や鼻炎など鼻づまり体質だった人だけでなく、妊娠をきっかけに鼻づまりに悩まされる妊婦

記事を読む

鼻炎には葛根湯と小青竜湯、どっちが良いの?

鼻炎の症状を緩和するためには、一般的には病院で薬が処方されますね。点鼻薬や内服薬など形状

記事を読む

アレグラで眠くなる…対処法は?

アレグラは花粉症の治療薬として販売されている 抗ヒスタミン薬ですが、ドラッグストアなどでも手軽

記事を読む

【アレルギー性鼻炎の点鼻薬】甘く見てはいけない副作用とは?

アレルギー性鼻炎の症状はなかなか完治させるのが難しいため、点鼻薬で症状を抑えるという治療法が現在は主

記事を読む

アレルギー性鼻炎にアレロックが効かない!原因と対処法は?

アレルギー性鼻炎の症状を抑えるためには主に飲み薬・点鼻薬のどちらかを処方されることが多いです。中でも

記事を読む

アレグラって、処方されるのと市販のでは成分違うの?

花粉症やアレルギー薬として飲んでいる人も多いアレグラですが、 常用している人もとても多いですね

記事を読む

ポララミン、子供への安全性は?副作用なしの鼻炎対策

ポララミンは花粉症やアレルギー性鼻炎など、主に鼻アレルギーの症状を緩和するために使わ

記事を読む

妊娠中に点鼻薬を選ぶ3つの基準とは?危険な副作用に注意

アレルギー性鼻炎の症状はただでさえ辛いのに、妊娠中となると更に身体的・精神的な負担は大きくな

記事を読む

小青竜湯の危険な副作用とは?いつまで飲み続ければ良い?

花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎ですが、「薬は副作用が辛いので漢方を飲み続けている」という

記事を読む







べにふうき茶は、水で抽出しても効果あり?

当サイトに「べにふうき茶は、水で抽出して飲んでもよいのでしょうか」とい

甜茶の由来・種類・効能について

甜茶の由来 「花粉症などのアレルギーに良い」と言われている甜茶につい

ブタクサ
夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

衣類や髪の毛についたアレルギー物質対策

外出して家に帰ってくると、衣類や髪の毛には大量のアレルギー物質が付着し

→もっと見る



PAGE TOP ↑