*

「 鼻の薬について 」 一覧

ムコダインで咳が止まらないのは危険?副作用と効果について

ムコダインは副鼻腔炎(蓄膿症)の治療薬として処方されることの多い薬。その効果としては排膿作用となっています。こうして膿を排出することによって、副鼻腔内に溜まってしまった細菌(これが膿となり

続きを見る

ゼスランが効かない決定的なワケはこの2つ

ゼスランは花粉症による鼻水・くしゃみを軽減させるための薬として広く使われていますね。病院でも処方されることの多いゼスランですが、いくら薬といっても人によって効果に差が出てきてしまいます。実

続きを見る

ポララミン、子供への安全性は?副作用なしの鼻炎対策

ポララミンは花粉症やアレルギー性鼻炎など、主に鼻アレルギーの症状を緩和するために使われる薬。古くから使われていることもある薬ですが、現在は特に小児用として病院で処方されることの多い鼻炎

続きを見る

小青竜湯の危険な副作用とは?正しい漢方薬の選び方

アレルギー性鼻炎や花粉症など、鼻づまり・鼻水などの症状が出る場合の対策としては色々な薬がありますよね。点鼻薬や服用するタイプの薬などもありますが、薬と名のつくものはほとんどが眠気や頭痛など

続きを見る

【ナザール点鼻薬】2つの危険な副作用とは?

花粉症や鼻炎による鼻づまり・鼻水などの症状を緩和させる点鼻薬は色々とありますが、市販薬の中でも特に売れているのがナザールという点鼻薬です。ナザールは他の点鼻薬に比べても即効性があり、瞬時に

続きを見る

アレジオンを子供に飲ませると危険な理由 薬なしで鼻炎を抑えるには

アレジオンは花粉症やアレルギー性鼻炎に使われる市販薬として、効果を体感しやすいこともあり広く使われています。その作用としては、抗アレルギー作用(されるギーを誘発する体内物質の放出を防ぐ)に

続きを見る

アレグラは妊娠中に大丈夫?我慢できないときの対処法まとめ

アレグラはアレルギー症状の原因となるヒスタミンという体内分泌物質を抑える働きを持っている薬。アレルギー性鼻炎を始め、花粉症やアトピー性皮膚炎など、アレルギーが原因の症状を抑える効果があると

続きを見る

ディレグラの副作用で眠れない…原因と対処法まとめ

ディレグラは花粉症やアレルギー性鼻炎の症状を緩和させるために病院で処方される薬ですが、すぐに効果を体感しやすいことでも広く使われています。ただ、効果を体感しやすい=副作用が出やすいというデ

続きを見る

【ジルテック】子供にはどんな副作用がある?薬だけに頼らない対処法

ジルテックは主にヒスタミンの働きを制御するという働きを持っているため、花粉症や鼻炎などアレルギー性鼻炎の治療として症状を緩和されるために使われる薬になっています。大人と同じ薬を半分の量など

続きを見る

眠くならない鼻炎薬はコレ 副作用なしの鼻炎対策とは?

アレルギー性鼻炎や花粉症など、鼻炎症状が出やすい体質の場合、症状が悪化してくるとどうしても薬に頼ってしまいますよね。鼻づまりや鼻水の症状が悪化してくると、睡眠不足にもなってしまいますし、そうなると集中

続きを見る







べにふうき茶は、水で抽出しても効果あり?

当サイトに「べにふうき茶は、水で抽出して飲んでもよいのでしょうか」とい

甜茶の由来・種類・効能について

甜茶の由来 「花粉症などのアレルギーに良い」と言われている甜茶につい

ブタクサ
夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

衣類や髪の毛についたアレルギー物質対策

外出して家に帰ってくると、衣類や髪の毛には大量のアレルギー物質が付着し

→もっと見る



PAGE TOP ↑