*

【ハウスダストアレルギー対策】 掃除の仕方 注意すべきポイントとは?

ハウスダストアレルギーだと、せっかく体を休められるはずの家でも鼻水がぐずぐず…目もカユカユ…と、常に花粉症が続くような状態になってしまうので心身共に疲れてしまいますよね。さらにストレスがた

続きを見る

朝に口が乾燥する原因と対処法 悪化するとガンジタになる危険性も…

「朝起きると、いつも口が乾燥している…」そんな場合、しっかりと原因を知って対策をしなければ自然と改善されることはありません。口が乾燥すると様々な弊害が出てきてしまいますので注意が必要です。

続きを見る

知ら損!ザイザルの眠気を圧倒的に抑える方法とは?

抗アレルギー薬として販売されているザイザルですが、人によっては副作用が出やすいので飲む場合には注意が必要です。ザイザルを飲んでいて特に多い副作用というのが、眠気・倦怠感といった症状が多いで

続きを見る

ムコダインで咳が止まらないのは危険?副作用と効果について

ムコダインは副鼻腔炎(蓄膿症)の治療薬として処方されることの多い薬。その効果としては排膿作用となっています。こうして膿を排出することによって、副鼻腔内に溜まってしまった細菌(これが膿となり

続きを見る

ゼスランが効かない決定的なワケはこの2つ

ゼスランは花粉症による鼻水・くしゃみを軽減させるための薬として広く使われていますね。病院でも処方されることの多いゼスランですが、いくら薬といっても人によって効果に差が出てきてしまいます。実

続きを見る

ポララミン、子供への安全性は?副作用なしの鼻炎対策

ポララミンは花粉症やアレルギー性鼻炎など、主に鼻アレルギーの症状を緩和するために使われる薬。古くから使われていることもある薬ですが、現在は特に小児用として病院で処方されることの多い鼻炎

続きを見る

小青竜湯の危険な副作用とは?正しい漢方薬の選び方

アレルギー性鼻炎や花粉症など、鼻づまり・鼻水などの症状が出る場合の対策としては色々な薬がありますよね。点鼻薬や服用するタイプの薬などもありますが、薬と名のつくものはほとんどが眠気や頭痛など

続きを見る

ネルネルはいびきに効果あるのか?こんな場合には役立たず。

いびきをかく生活が続いてしまうと当然、睡眠の質が浅くなってしまうという弊害が出てきてしまいます。こうなると、日中に集中力が欠けてしまったり、強烈な睡魔に襲われてしまったり。また、自分だけの

続きを見る

鼻づまりだけど口呼吸を治すためのテープ使って大丈夫?

口呼吸が習慣になってしまうと、なかなか治すのは難しいですよね。とは言っても、口呼吸が続くことによって風邪をひきやすかったり、場合によっては気管支炎になってしまったり。また、睡眠中に大きない

続きを見る

高音で声が裏返る原因と対処法 ググっても出てこない、ある問題とは

カラオケで歌っていると、「どうしても高音部分だけ声が裏返る…」という悩み。もともと声が高いという人であればこういった悩みはでてこないですが、ほとんどの人は高音を出すことに慣れていないという

続きを見る




鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

衣類や髪の毛についたアレルギー物質対策

外出して家に帰ってくると、衣類や髪の毛には大量のアレルギー物質が付着し

花粉による肌トラブル「皮膚花粉症」

春先になっても目のかゆみ、鼻水などの症状が現れないので、自分は花粉症で

クラリチンEX
アレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」

アレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」は、大正製薬が製造販売するアレル

アレジラスト20
アレルギー専用鼻炎薬「アレジラスト20」

アレルギー専用鼻炎薬「アレジラスト20」は、大興製薬(株)、小林薬品工

→もっと見る



PAGE TOP ↑