*

「目ん玉取り出したい…」そんな衝動とはオサラバです。

副作用なしでコレはヤバい…と、
満足度96・7%!!

1日たった74円なので、薬より安いんです。

↓詳細はこちら↓

【旅行中のいびき対策】効果絶大な3つの方法とは?

1a3e6e48adee682e97f9e95ef887b336_s旅行に行くとなると楽しみな気持ちが大きい一方、人それぞれ悩みもついてきてしまいますよね。自分1人旅であれば周りに迷惑をかけることも少ないですが、そうではない場合。特に、友達や家族と同じ部屋に泊るという場合の大きな問題が【いびき】です。

ふだん自分のいびきが気にならないという場合でも、周りからしてみると睡眠の妨げになってしまうのでたまったものではありません。さらに旅行中、せっかく楽しい思い出をつくることができても、1日の終わりに一緒の部屋になってしまった人のいびきのせいで旅行が台無しになった…という被害者をつくってしまう原因にもなりません。

あなたが「イビキを人に指摘されたことがある」というのであれば、周りのためにも旅行前にしっかりとイビキ対策をしておくのが良いかもしれないですね。

イビキ対策を考える前に…

イビキ対策をするとは言っても、人によってイビキをかく原因はそれぞれ違います。世間では色々なイビキ対策グッズが販売されていますし、いびきをかかない方法も紹介されていますよね。ただ、「自分が何が原因でいびきをかいてしまうのか?」この原因を知らないで見当違いな対処法を実践してしまっても効果は期待できません。まず自分がなぜイビキをかいてしまうのか、この原因を知ることでおのずと最適な対処法を知ることができるんですね。原因をしっかりと理解したうえで対策をするので、必然的に効果は絶大になってきます。

いびきをかいてしまう原因は様々ですが、人によっては色々な原因が複雑に絡み合っているというケースも非常に多いです。その原因を1つ1つ解消していくことが必要になってきますので、ぜひご自身の状況と照らし合わせて読み進めてみてくださいね。

アルコールによる影響

17e4d79bccd2ce873c7c0feb8fd0c83a_sお酒を飲む習慣がある人の場合、どうしてもイビキをかきやすくなってしまいます。これは、アルコールには筋肉を弛緩(しかん=ゆるませる)作用があったり、血行を促進させるという作用があるため。喉や舌の筋肉がゆるんでしまうことによって気道が狭くなってしまい、さらに血管が膨張してしまうことで空気の通り道が狭くなってしまいます。これがいびきの原因になってしまいます。

もしあなたがアルコールの影響でイビキをかいてしまうのであれば、旅行当日はお酒を飲まない、というのが一番の解決法です。ただ、「せっかくの旅行なのでお酒を飲まずにはいられない!」という気持ちもあるかと思います。そんな場合には、お酒を飲んでいる最中・飲んだ後にしっかりと水分を補給するように意識してみてくださいね。アルコール摂取時に同時に水分をしっかりと補給しておくことで、いびきを軽減することができます。

慢性的に鼻づまり体質の場合

花粉症やアレルギー性鼻炎もちだと、どうしても口呼吸になってしまうのでいびきをかきやすくなってしまいます。さらに、鼻炎によって鼻粘膜が腫れてしまい、空気の通り道が狭くなってしまい、この部分でイビキが反響して更に大きなイビキになってしまいます。

点鼻薬などで一時的に鼻通りを良くすることによってイビキを軽減させることが期待できますが、この場合のイビキは喉ではなく鼻が原因で起きてしまっています。そんな場合には、イビキ解消グッズとしても有名なブリーズライトを使うのが良いです。

ブリーズライトは鼻腔内を強制的に広げることによって空気の通り道をつくるというグッズ。もちろん鼻炎を治すわけではないので効果は一時的ではありますが、旅行などどうしてもイビキをかきたくないという場合には重宝します。

また、鼻炎症状を悪化させないことがイビキをかかない成功のカギにもなりますので、鼻炎症状を軽減させるという方法も効果的です。例えば、睡眠中に花粉・ホコリ・ダニなどの影響を受けにくいようにするために濡れタオルを枕元に置いておくという方法です。旅行に加湿器を持って行くのは難しいですが、この方法でも湿度
を一定に保つことができます。

睡眠中に自分の周りの湿度をしっかりと保っておくことによって鼻内部の乾燥を防ぐことができるので、アレルゲン(アレルギーの原因物質)の侵入をある程度防ぐことができるんですね。逆に乾燥しやすい状態だとアレルゲンは侵入しやすくなり、鼻づまりからいびきをかきやすくなってしまいます。これを防ぐことができるんですね。

肥満体質のいびき対処法

いびきをかきやすい原因として、一番対処法が難しいのがこの肥満による影響です。アルコールや鼻づまりが原因のいびきに対しては短期的な対処法はありますが、肥満体質の場合、旅行の時など短期的に対処することはかなり難しいんですね。

結論として言えば体脂肪を減らすことによっていびきをかかなくすることは可能ではあります。ただ、旅行までの少ない日数の中で体重を落とすというのは難しいですよね。そんな場合にまず第一に意識して頂きたいのが、アルコール・鼻づまりが原因のいびき対処法を実践するということです。

肥満が原因によるいびきの場合だとしても、それだけが原因とは限りません。もしアルコール・鼻づまりが原因でいびきをかいてしまう要素が少しでも考えられるのであれば、記事の前半でご紹介した対処法を実践するようにしてみてくださいね。

そのうえで、他にどんな対策をすることができるか?ということについてまとめていきますね。

まず1つ目の対処法ですが、これは旅行中だからこそ意識して頂きたいポイントです。それは、【枕の高さチェック】です。枕の高さが合っていないと、気道が圧迫されてしまっていびきをかきやすくなってしまうんですね。まず旅行先のホテルに到着した時に計りましょう。どのような高さが理想的か?というと、4~5センチです。一般的な標準体型の人であれば3~4センチが適切と言われていますが、体格が良い人・肥満体形の場合には4~5センチが理想の高さになっています。もし旅行先のホテルの枕の高さが足りない場合、タオルなどで高さを調節しましょう。

2つ目の対策ですが、これは有名な話ですね。仰向けには絶対に寝ないようにしましょう。いびきをかいてしまうのは寝る時の姿勢が大きく影響します。仰向けで寝ると、顎が下がって舌が喉の奥に下がってしまうので、どうしても気道が狭くなってしまうんですね。結果として大きないびきをかいてしまいます。これは鼻炎体質など鼻に疾患がある人も同じですが、横向きで寝ることによってイビキを軽減することは可能ですので、意識しましょう。

【旅行中のいびき対策】まとめ

・アルコールはなるべく避ける(飲む場合は水分をしっかり補給)
・鼻炎体質の場合は湿度を意識する(ブリーズライトも効果的)
・肥満が原因のいびきは枕の高さ、寝る姿勢に注意する

この記事では、旅行中のいびき対策についてご紹介させていただきました。旅行に行くとどうしても気付かないところで疲れが溜まってしまい、普段より余計にいびきをかきやすくなってしまいますのでしっかりと対策方法を意識しておきましょう。

また、普段からイビキをかきやすいという場合には旅行中だけでなく、なるべく日ごろからイビキ対策を実践するのがやはり吉です。いびきは悪化すると命に関わる危険な病気ですし、しっかりと対処することで治すことは可能なんですね。ぜひご自身の状況を理解したうえで最適ないびき対策の計画を考えてみてはいかがでしょうか。




>>(注目記事)アレルギー薬の副作用が辛いので、評判のサプリ試してみた

関連記事

痩せ型なのにイビキをかく原因とは?命に関わる危険性について

いびきをかくというと、どうしても肥満気味の人が大きなイビキをかいてしまうイメージを持たれている方が非

記事を読む

ナステント効果なしの原因は?こんな場合は要注意

ナステントはいびき防止グッズとしてテレビCMやネット広告でもかなり露出が増えてきていますね。いび

記事を読む

いびきに効く食べ物【4選】圧倒的なまでの効果を持つ食材とは

いびきの原因は人それぞれですが、基本的には【鼻づまり】が原因によるケースが大多数を占めます。

記事を読む

「旦那のいびきで眠れない」ピタッと止めるには?

「旦那のいびきで眠れない…」そう悩んでる主婦の方って、実はものすごく多いんです。もちろん世の旦那さん

記事を読む

ネルネルはいびきに効果あるのか?こんな場合には役立たず。

いびきをかく生活が続いてしまうと当然、睡眠の質が浅くなってしまうという弊害が出てきてしま

記事を読む

夜行バスでのイビキ対策 周りから苦情を言われないために

長距離を移動する際に使う夜行バスですが、自分だけでなく他のお客さんも乗車している中で寝な

記事を読む

【いびきの原因】痩せ型なのになぜ?9年後の生存率は…

いびきの3大原因として有名なのが、「アルコール」「喫煙」「肥満」です。これはご存じかと思いますが、「

記事を読む

いびきを劇的に軽減【枕の選び方】2つのポイント

いびきが大きいと、一緒に寝ている家族にまで大きな迷惑をかけてしまいますし、場合によっては家族

記事を読む







ブタクサ
夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

衣類や髪の毛についたアレルギー物質対策

外出して家に帰ってくると、衣類や髪の毛には大量のアレルギー物質が付着し

花粉による肌トラブル「皮膚花粉症」

春先になっても目のかゆみ、鼻水などの症状が現れないので、自分は花粉症で

クラリチンEX
アレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」

アレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」は、大正製薬が製造販売するアレル

→もっと見る



PAGE TOP ↑