*

「目ん玉取り出したい…」そんな衝動とはオサラバです。

副作用なしでコレはヤバい…と評判!

すーすースッキリするじゃない!えぞ式すーすー茶

↓詳細はこちら↓

貼る花粉症薬 アレサガテープ

今年も憂鬱な花粉症シーズンが到来します。

皆様ご存知のように、アレルギー性鼻炎のうち、花粉が原因物質となり花粉が飛ぶ季節にだけアレルギー性鼻炎の症状が現れるものを「花粉症」といいます。

ダニやペットの毛などによる通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方を持つ人も多くいます。

アレルギー性鼻炎の中でも、重症となりやすいのが花粉症です。

花粉症の3大症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまりですね。

花粉症の症状が少しでも楽になればと飲み薬を飲む人も多いですが、「効き目が長く続かない」「副作用で眠くなる」といった声もよく聞きます。

貼る花粉症薬とは

そんな中、アレルギー性鼻炎の薬物療法として「貼る花粉症薬」が加わりました。

貼る花粉症薬にはどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

花粉症の治療法として、一般的に多く用いられているのは飲み薬や点鼻薬などの薬物療法です。

近年、レーザー治療、根治的な治療法としてアレルゲン免疫療法などが普及し、治療の選択肢は広がっているが、手軽かつ即効性があるという点で、花粉症の症状緩和に薬の果たす役割は大きいと考えられています。

花粉症で使われる主な薬剤としては、化学物質遊離抑制薬、抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬などの抗アレルギー薬、ステロイド点鼻薬などが挙げられます。

理想的な抗ヒスタミン薬は、即効性があり効果が持続し、眠気や作業性低下などの副作用が少ないものとされています。

こうした要求に応える形で開発されたのが久光製薬が販売する世界初の経皮吸収型アレルギー性鼻炎治療薬「アレサガテープ」です。

アレサガテープは、副作用が少ないと言われている第2世代抗ヒスタミン薬に分類される「貼る花粉症薬」です。

 

貼る花粉症薬のメリットとデメリット

貼る花粉症薬は、有効成分が皮膚から吸収される薬で、内服薬とは代謝経路が異なり、以下のようなメリットがあります。

◎皮膚吸収であるため、胃腸・肝臓など内臓に負担をかけずに済む

◎薬効の血中濃度が安定するため、効果の持続が期待できる

欠点としては、同じ場所に続けて貼ると、かゆくなったり赤くなったりしやすいので、貼る場所を毎日変更するなどの工夫が必要です。

つらい花粉症シーズンを楽に乗り切るには、自分に合った治療法を見つけることが重要です。




>>(注目記事)アレルギー薬の副作用が辛いので、評判のお茶を試してみた

関連記事

【ハウスダストアレルギー対策】 掃除の仕方 注意すべきポイントとは?

ハウスダストアレルギーだと、せっかく体を休められるはずの家でも鼻水がぐずぐず…目もカユカ

記事を読む

ミクロガード布団の口コミ 高評価・低評価それぞれの評判をまとめました

ダニアレルギー体質だと、せっかく体を休めるはずの睡眠時間もストレスになってしまい、しっか

記事を読む

【悲報】麻黄附子細辛湯ではアレルギー性鼻炎は完治しない

アレルギー性鼻炎の症状を抑えるためには基本的に点鼻薬や内服薬が病院では処方されることが多いで

記事を読む

【薬以外】花粉症対策の決定版まとめ

花粉症対策として症状を抑えるためには薬を使った治療法が主流になっています。ただ、点鼻薬にしても点眼薬

記事を読む

ノーズマスクピットの口コミまとめ 実際、効果はどう?

ノーズマスクピットは目立ちにくい鼻マスクとしてメディアでも広く紹介されていますね。今までの花粉症

記事を読む

花粉症対策で甜茶を飲んでみた、私の体験談まとめ

花粉症の症状が悪化すると、くしゃみが止まらなかったり鼻づまりが続いてしまったり。ただでさえ症状が辛い

記事を読む

ブタクサ

夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛散する時期は2月から4月です。

記事を読む

衣類や髪の毛についたアレルギー物質対策

外出して家に帰ってくると、衣類や髪の毛には大量のアレルギー物質が付着しています。 たとえば、花

記事を読む

花粉症による皮膚のただれ…効果的な改善方法とは?

花粉症の時期になると、目のかゆみ・鼻水などが辛くなってきますね。これだけでも日中の集中力不足

記事を読む

アレルギー鼻炎薬「アレグラ」と「アレジオン」の違いを詳しく解説

ドラッグストアやスーパーの薬売り場で見かけるアレルギー鼻炎薬と言えば、「アレグラ」と「アレジオン」で

記事を読む







貼る花粉症薬 アレサガテープ

今年も憂鬱な花粉症シーズンが到来します。 皆様ご存知のように、ア

べにふうき茶は、水で抽出しても効果あり?

当サイトに「べにふうき茶は、水で抽出して飲んでもよいのでしょうか」とい

甜茶の由来・種類・効能について

甜茶の由来 「花粉症などのアレルギーに良い」と言われている甜茶につい

ブタクサ
夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

→もっと見る



PAGE TOP ↑