*

「目ん玉取り出したい…」そんな衝動とはオサラバです。

副作用なしでコレはヤバい…と、
満足度96・7%!!

1日たった74円なので、薬より安いんです。

↓詳細はこちら↓

鼻づまりで一番辛いのは眠れないこと。薬に頼り過ぎない対処法を。

534997今年38歳になる主婦の私ですが、中学生の頃から鼻づまりには悩まされてきました。鼻づまりなんかで病院になんて行かなくても、と思い続けて10数年、何となく何かしらのアレルギーなんだろうと市販の鼻炎薬を服用してごまかしていましたが、3年前、時間的に余裕が出来たこともあり耳鼻科デビューしたのです。

鼻づまりで一番辛いのは、眠れないこと

とにかく鼻が詰まる、ひどい時は両鼻が詰まり口呼吸しかできない。詰まっていない時はムズムズしているなど、常に症状が出ていました。

鼻づまりで一番辛いのは眠れないこと。口呼吸だけでは息苦しく眠れないのです。上体を起こしたり、立ち上がると幾分マシになるのですが、そのままでは当然眠れないのです。眠れないから日中も頭がぼーっとし、当時単調な事務作業をしていたので睡魔に襲われ仕事にも支障がでることもしばしば。

鼻づまりが原因で受験に不合格…

私の兄も鼻づまりでは痛い目にあった経験があります。兄は私と違い、鼻づまりとは無縁でしたが、よりによって高校受験の日にひどい鼻づまりになってしまったのです。本人曰わく、試験に全く集中できず結果はなんと不合格。たかが鼻づまり、されど鼻づまりな体験談です。

点鼻薬と内服薬の効果とデメリット

先に書いたように市販薬を飲んでいましたが、症状を抑えるだけでなく口の渇きや眠気などの副作用もキツく、どうにも困った状態でした。耳鼻科ではすぐにアレルギー抗体検査をしました。するとあらゆる物質にアレルギー反応が出たのです。ハウスダスト、カビ、杉、稲、ヨモギなどの花粉。

早速点鼻薬と内服薬が処方されました。市販薬ほど副作用もなく常に服用しています。ただ、杉花粉の時期は症状が強いのか薬が効かないのです。そんな時は、血管を収縮させるタイプの点鼻薬を一時しのぎに使用しますが、これがなんとも不快な使用感。鼻がツーンと痛くなるのです。そして、使えば使うほど体が慣れてしまうのか効果が薄れてしまうデメリットもあります。

薬には頼らない鼻づまり解消法

最後の手段として取って置きたい薬なので、この薬を使う前にはいわゆる民間療法を試します。ツボを刺激したり、鼻を温めたり。あまり効果がないので、結局は点鼻薬を使ってしまうのですが。

そして、鼻づまりといえば鼻をかむのにティッシュペーパーを使いますよね。ただし、使いすぎると鼻の下が真っ赤に擦り切れてしまいます。そうなる前にオススメなのが鼻の下にメントール配合のリップクリームを塗ること!スーッとして鼻の通りが一瞬良くなるだけでなく、保湿効果もあるので肌を保護する役目をしてくれます。慢性的な鼻づまりと付き合うのは大変ですが、自分に合う薬をうまく使いながら、工夫して乗り切りたいものです。




>>(注目記事)アレルギー薬の副作用が辛いので、評判のサプリ試してみた

関連記事

花粉症で使う鼻スプレー。効果はあるけど、デメリットは?

昔から鼻が強く、鼻血が出ることもほとんどなかった私。社会人になってしばらく、急にくしゃみが出て目もぐ

記事を読む

鼻風邪に効果のあった対処法

36歳、主婦です。私は普段、鼻詰まりとは無縁の生活をしていますが、ある時ひどい鼻風邪を患い、1週間ほ

記事を読む

風邪をひくと蓄膿症になると思っていたが、実際は違った…

私は自営業をしている26歳男性です。小さな頃から鼻が弱かったのですが、中学生の頃くらいから風邪をひく

記事を読む

蓄膿症は、鼻のかみすぎに注意。逆効果になってしまいます。

37歳、会社員です。私自身は風邪の時に鼻孔が腫れることによる鼻づまりをよく起こします。 黄色い

記事を読む

花粉症対策で鼻マスクを試してみた。メリットとデメリットについて

24歳、専業主婦です。私が花粉症になったのは5年前のことでした。その時まで全く花粉症でなかったので、

記事を読む

アレルギー性鼻炎治療のメリットとデメリット

私は48歳で縫製の内職をしております。私は子どもの頃から鼻が悪くて、いつも鼻がつまっていました。ずっ

記事を読む

no image

カルピスL-92乳酸菌を中2の息子に飲ませたところ、花粉症が…

今までなんともなかった中学2年の息子が、今年の春先あたりから鼻水が止まらなくなり…。うちは旦那が花粉

記事を読む

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク」の「アレルシャット」について

記事を読む

鼻づまりを悪化させない工夫

私は35歳の看護師です。小さい時から鼻炎アレルギーを持っていたので、たびたび鼻づまりには悩まされてい

記事を読む

鼻づまりの原因を知り、予防することが大切

40歳女性、現在は両親と同居し、家事手伝いをしています。アレルギー性鼻炎による鼻づまりに、長年悩まさ

記事を読む







べにふうき茶は、水で抽出しても効果あり?

当サイトに「べにふうき茶は、水で抽出して飲んでもよいのでしょうか」とい

甜茶の由来・種類・効能について

甜茶の由来 「花粉症などのアレルギーに良い」と言われている甜茶につい

ブタクサ
夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

衣類や髪の毛についたアレルギー物質対策

外出して家に帰ってくると、衣類や髪の毛には大量のアレルギー物質が付着し

→もっと見る



PAGE TOP ↑