*

「目ん玉取り出したい…」そんな衝動とはオサラバです。

副作用なしでコレはヤバい…と評判!

すーすースッキリするじゃない!えぞ式すーすー茶

↓詳細はこちら↓

アレグラで眠くなる…対処法は?

c82f8df7467c478cce9dcb07ba24fcbc_s
アレグラは花粉症の治療薬として販売されている
抗ヒスタミン薬ですが、ドラッグストアなどでも手軽に手に入るので
実際に利用している人も多い薬の代表格となっています。

効き目もしっかりありながら、副作用も少ないというのが
特徴のアレグラですが、それでも眠くなるという場合。

眠くなるというのは抗ヒスタミン薬としての副作用なのですが、
もしアレグラでも眠くなる場合には

・エリアス

・クラリチン

こういった、アレグラよりも弱めの薬を
試してみるようにしてみてくださいね。

基本的には長期的に服用することによって
アレグラは眠気も治まってくるとされていますが、
それでも眠くなる場合には薬が効き過ぎている可能性が高いです。

薬の効き目と副作用はイコールとなるので、
効果の弱めのエリアスやクラリチンを使ってみた方が
無難です。

特にクラリチンはアレグラよりも眠くならないというメリットに
加えて、効き目も長いという特徴があります。

また、効果に関してもアレグラよりも強いので
試してみてはいかがでしょうか。

また、別の対処法として点鼻薬や点眼薬などで
部分的に花粉症の症状を抑えるという方法や
副作用の少ない漢方薬などもあります。

眠気が出ると仕事に支障が出るという場合には
別の対処法を実践してみてくださいね。




>>(注目記事)アレルギー薬の副作用が辛いので、評判のお茶を試してみた

関連記事

アレロックで便秘になる決定的な理由 副作用なしの便秘解消法は?

花粉症の薬としても広く使われているアレロックですが、アレルギー症状の原因となるヒスタミン分泌を抑える

記事を読む

アレルギー性鼻炎にアレロックが効かない!原因と対処法は?

アレルギー性鼻炎の症状を抑えるためには主に飲み薬・点鼻薬のどちらかを処方されることが多いです。中でも

記事を読む

ムコダインで咳が止まらないのは危険?副作用と効果について

ムコダインは副鼻腔炎(蓄膿症)の治療薬として処方されることの多い薬。その効果としては排膿

記事を読む

【副鼻腔炎の抗生物質】副作用とは?それ以上に怖い危険性も…

副鼻腔炎は一度かかってしまうと再発しやすいので、生活の様々な面で不便やストレスが出てきてしまいますよ

記事を読む

トラマゾリンが胎児に与える影響は?発達障害の危険性も…

トラマゾリンは耳鼻科で処方されることの多い点鼻薬ですが、妊娠中に使用する場合には注意が必要です。

記事を読む

妊婦に鼻炎スプレーはNG?赤ちゃんへの影響が怖い…

もともと花粉症や鼻炎など鼻づまり体質だった人だけでなく、妊娠をきっかけに鼻づまりに悩まされる妊婦

記事を読む

グンと楽になる【鼻炎に効く漢方薬】の選び方とは?

通年性のアレルギー性鼻炎や花粉症など、鼻炎への対処法といえば内服薬や点鼻薬が主流になっていますよね。

記事を読む

アレグラって、処方されるのと市販のでは成分違うの?

花粉症やアレルギー薬として飲んでいる人も多いアレグラですが、 常用している人もとても多いですね

記事を読む

小青竜湯は妊娠中にNGの理由とは?妊婦さんにおすすめの漢方はコレ

妊娠中にアレルギー性鼻炎や花粉症などで 鼻づまりが続くと、心身ともに負担が強くなってしまいます

記事を読む

小青竜湯の危険な副作用とは?正しい漢方薬の選び方

アレルギー性鼻炎や花粉症など、鼻づまり・鼻水などの症状が出る場合の対策としては色々な薬が

記事を読む







貼る花粉症薬 アレサガテープ

今年も憂鬱な花粉症シーズンが到来します。 皆様ご存知のように、ア

べにふうき茶は、水で抽出しても効果あり?

当サイトに「べにふうき茶は、水で抽出して飲んでもよいのでしょうか」とい

甜茶の由来・種類・効能について

甜茶の由来 「花粉症などのアレルギーに良い」と言われている甜茶につい

ブタクサ
夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

→もっと見る



PAGE TOP ↑