*

「目ん玉取り出したい…」そんな衝動とはオサラバです。

副作用なしでコレはヤバい…と、
満足度96・7%!!

1日たった74円なので、薬より安いんです。

↓詳細はこちら↓

アレグラ常用してるけど副作用が不安…やっぱり危険?

2d78dc841d045c5d22cba2a6f8c7c750_s
アレグラはアレルギー症状緩和のための薬ですが、
基本的には長期的に飲み続けることが前提の薬となっています。

とは言っても、常用していると副作用などが不安という人も
とても多いのですが、
まずはその危険性について知っておくべきです。

アレグラには頭痛や眠気・吐き気など
色々な副作用がありますが、
特に注意すべきは肝機能障害です。

長期的に服用することによって副作用としての眠気などは
徐々に軽くなっていきますが、
肝機能障害の危険性は高まってしまうので注意が必要です。

これは、アレグラの薬の成分が肝臓で代謝されるため。

そのせいで肝臓にどうしても負担がかかってしまいますので、
飲み続ける期間が長くなればなるほど
肝機能障害になってしまう危険性は高まってしまうんですね。

そもそも肝機能障害は自覚症状がなく肝臓の機能が
低下してしまうケースが非常に多いので、さらに注意が必要です。

長期的にアレグラを飲み続けていて
もし不安だという場合には、一度病院でしっかりと検査を受けてみてくださいね。

肝機能の検査については一般的な健康診断の中でも行われますが、

・GOT

・GPT

・γ-GTP

という3つの数値の検査を行うもので、
血液検査だけで確認できるので手間もそれほどかかりません。

アレルギー症状緩和が第一と考えずに、
まずは体の健康が第一と考えて慎重に薬は飲むように
してみてくださいね。




>>(注目記事)アレルギー薬の副作用が辛いので、評判のサプリ試してみた

関連記事

小青竜湯は長期服用NG!その理由とは?

鼻づまり・鼻水対策としては薬よりも 副作用の少ないとされている漢方薬。 特に代表的な鼻水

記事を読む

ナゾネックスが効かない?効果を100%引き出す使い方まとめました

アレルギー性鼻炎の点鼻薬は色々なタイプの商品がありますが、耳鼻科などでもよく勧められるのがナゾネック

記事を読む

トラマゾリン点鼻液の副作用は?症状が悪化する危険性も…

アレルギー性鼻炎持ちだと病院で点鼻薬など薬を処方されますが、中でも処方されることが多い薬がトラマゾリ

記事を読む

小青竜湯は妊娠中にNGの理由とは?妊婦さんにおすすめの漢方はコレ

妊娠中にアレルギー性鼻炎や花粉症などで 鼻づまりが続くと、心身ともに負担が強くなってしまいます

記事を読む

アレルギー鼻炎薬「アレグラ」と「アレジオン」の違いを詳しく解説

ドラッグストアやスーパーの薬売り場で見かけるアレルギー鼻炎薬と言えば、「アレグラ」と「アレジオン」で

記事を読む

グンと楽になる【鼻炎に効く漢方薬】の選び方とは?

通年性のアレルギー性鼻炎や花粉症など、鼻炎への対処法といえば内服薬や点鼻薬が主流になっていますよね。

記事を読む

アレグラって、処方されるのと市販のでは成分違うの?

花粉症やアレルギー薬として飲んでいる人も多いアレグラですが、 常用している人もとても多いですね

記事を読む

ポララミン、子供への安全性は?副作用なしの鼻炎対策

ポララミンは花粉症やアレルギー性鼻炎など、主に鼻アレルギーの症状を緩和するために使わ

記事を読む

知ら損!ザイザルの眠気を圧倒的に抑える方法とは?

抗アレルギー薬として販売されているザイザルですが、人によっては副作用が出やすいので飲む場

記事を読む

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク」の「アレルシャット」について

記事を読む







鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

衣類や髪の毛についたアレルギー物質対策

外出して家に帰ってくると、衣類や髪の毛には大量のアレルギー物質が付着し

花粉による肌トラブル「皮膚花粉症」

春先になっても目のかゆみ、鼻水などの症状が現れないので、自分は花粉症で

クラリチンEX
アレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」

アレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」は、大正製薬が製造販売するアレル

アレジラスト20
アレルギー専用鼻炎薬「アレジラスト20」

アレルギー専用鼻炎薬「アレジラスト20」は、大興製薬(株)、小林薬品工

→もっと見る



PAGE TOP ↑