*

「目ん玉取り出したい…」そんな衝動とはオサラバです。

副作用なしでコレはヤバい…と評判!

すーすースッキリするじゃない!えぞ式すーすー茶

↓詳細はこちら↓

ブリーズライトを使ってみた。効果とデメリットをまとめます

d42b87363b4165acd0534fcedb12a862_s

もともと私はアレルギー性鼻炎ということもあって、鼻の調子は良くないのが当たり前でした。
鼻づまりが続くと、どうしても集中力が欠けてしまうし、熟睡できないので日中に急に眠気に襲われたり…。それでも薬でどうにか症状を紛らわしていたのですが、妻が妊娠したのをきっかけにブリーズライトを使ってみました。

というのも、もともと鼻づまりでイビキがひどかったのですが、それが原因で妻がしっかり熟睡できずに何度も夜中に起きてしまっていたんです。さすがに妊娠中に寝不足になってしまうと赤ちゃんに影響があるのかな?と思い、ネットで調べていて効果が高そうだったのがブリーズライトでした。

>>(注目記事)私が、副作用なしで鼻スースーになれたのはコレです

ブリーズライトはどんな人に向いてる?

ブリーズライトは風邪による鼻づまりだけじゃなく、鼻炎・花粉症など鼻づまり解消グッズとして、そしてイビキ解消グッズとしても知名度としてはかなり高いですよね。

実際に利用している人の多くが、「いびき解消のためにブリーズライトを使ってます」という人が大多数を占めています。私以外でも、奥さんや旦那さん、パートナーがいらっしゃる方でしたら、いびきの問題は自分一人の問題ではないですものね。いびきが原因で少しずつ夫婦仲が悪くなってしまい、最悪、離婚…という可能性もなきにしもあらず。そういった意味では、値段以上に価値のある商品かもしれないですね。

では、いびき以外にどういった人に向いているのか?あくまでも私の見解ではありますが、アレルギー性鼻炎の影響で睡眠中に口呼吸になってしまう人に向いていると思います。いびきをかく原因は人それぞれ違うと思いますが、そもそもブリーズライトの仕組みとしては鼻を強制的に拡張させることによっていびきを軽減させるというもの。ということは、鼻づまりが原因のいびきタイプの人には向いていると思います。

ブリーズライトを使ってみた結果…

いびきを軽減させたいと思ってブリーズライトを使いだしたのですが、すぐに効果は出てきました。さすがにいびきゼロとまではいかないのですが、寝ている最中に妻が私のいびきで目を覚まさなくなったというんですね。私の場合は鼻炎からくるイビキだったので、他の原因の人すべてに効果があるかどうかはわかりませんが、確かにいびき軽減の効果はあるようです。

>>(注目記事)私が、副作用なしで鼻スースーになれたのはコレです

ブリーズライトの副作用・デメリットは?

特に睡眠中にブリーズライトを使う人が多いですが、ブリーズライトを使うことによって鼻づまりが解消されることのメリットは本当に多くあります。口呼吸になってしまうと、どうしても鼻呼吸と比べた場合に睡眠中にしっかりと体を休めることはできません。これは、人間はもともと鼻呼吸で空気を吸い込むことが自然な状態だからだそうです。これが口呼吸になってしまうと、どうしても体への負担が大きくなってしまうんですね。実際、私もブリーズライトを使いだしてからは日中の眠気がずいぶん治まってきたように感じます。

では、ブリーズライトを使うことによって鼻呼吸をすることはメリットばかりか?というと、そうでもありません。薬剤不使用で鼻呼吸を助けてくれるということで、もちろん薬としての副作用はありません。便利に使うことができる半面、やはり人によってはデメリットが目立ってしまうということも考えられるんですね。

例えば、ブリーズライトに使われている粘着剤。この粘着剤は低刺激のものを使用していますが、それでも人によっては皮膚がかぶれたり湿疹ができてしまうケースもあります。特にアレルギー体質で肌が弱いという場合には、皮膚トラブルを起こす可能性も考えられます。もし肌が弱いという場合には、最初は長時間は使わず、皮膚トラブルがないか確認するようにしてみてくださいね。(私も、長時間ブリーズライトをつけっぱなしだと皮膚がかぶれる寸前になってしまいます)

鼻アレルギーの場合には注意すべき

そしてもう1つ、ブリーズライトを使うことによって副作用が出るケースが考えられます。それは、鼻炎症状の悪化です。通常、鼻毛や鼻の粘膜によって花粉・ホコリといったアレルゲン(アレルギーの原因物質)を吸着していますが、ブリーズライトを使うことで強制的に鼻の穴を広げる形になります。すると、どうしてもアレルゲンがそのまま侵入してしまう危険性も出てきてしまうんですね。私の場合も、確かに夜中のいびきは軽くなってきましたが、日中の鼻づまりは少し悪化したように感じます。

もし一度ブリーズライトを使ってみて、「症状が悪化したかな?」と思うようであれば、一度使うのを止めて様子を見ると良いかもしれません。ただ、こうしたデメリット・副作用は必ずしも全ての人に起きるというわけではありませんので、【自分に合っているかどうか?】を慎重に見極めたうえで、継続して使うかどうかを決めてみると良いですよ。

副作用なくイビキ対策するならコレ

6d632bfc7af61d7ea4dc24f7736b7e84_s
今はブリーズライトを使うことはなくなったんですが、それは甜茶というお茶を飲み始めたからです。ブリーズライトも確かに良かったんですが、無理やり鼻の穴を広げてる感じで、かなり体に負担をかけている感じがあったので。それに根本からの解決にならないなと思ってネットで探して見つけたのが甜茶です。

甜茶は、アレルギー症状を悪化させてしまう原因になってるヒスタミンが分泌されるのを防ぐ抗ヒスタミンという作用が確認されているんですね。これは大学の研究結果でも明らかになっているとのこと。「甜茶を飲みだしてから鼻炎が良くなった」という口コミがとても多かったので飲みだしたんですが、私も徐々に効果が出てきて、かなり快適になってくれました。

しかも副作用のないお茶なので、かなり助かってます。おかげでイビキが気にならなくなっただけじゃなく、日中に鼻通りも良くなったのでストレスなく過ごせて非常に助かってます。薬じゃないので必ず効果があるというわけではないですが、もし鼻炎や花粉症などの鼻アレルギーで困っている場合には試してみる価値ありですよ。

>>私が参考にした甜茶の口コミはこの記事です

まとめ

・ブリーズライトは鼻づまりが原因のイビキに効果的
・私の場合はブリーズライトでイビキが軽減された
・薬としての副作用がないというメリットあり
・皮膚が弱いと肌トラブルの原因になることも
・アレルゲンがダイレクトに侵入するので鼻炎悪化の危険性あり
・副作用なしでイビキ対策するなら甜茶

いびき解消グッズは本当に色々な種類がありますが、どのグッズを使うにしても、やはり継続して続けられるものが良いですよ。費用面はもちろんですが、自分に合っているかどうかということ。効果があったとしても自分に合っていないと少しでも思うものでしたら結局は続かないので、それぞれのメリット・デメリットをご自身の体質や性格と照らし合わせてみると良いですよ。




>>(注目記事)アレルギー薬の副作用が辛いので、評判のお茶を試してみた

関連記事

1分でできる!鼻づまり改善法

私は51歳の男性で会社員です。風邪をひくと私の場合は、まず鼻づまりになります。また春には軽い花粉症に

記事を読む

鼻づまりで一番辛いのは眠れないこと。薬に頼り過ぎない対処法を。

今年38歳になる主婦の私ですが、中学生の頃から鼻づまりには悩まされてきました。鼻づまりなんかで病院に

記事を読む

鼻風邪に効果のあった対処法

36歳、主婦です。私は普段、鼻詰まりとは無縁の生活をしていますが、ある時ひどい鼻風邪を患い、1週間ほ

記事を読む

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク」の「アレルシャット」について

記事を読む

鼻づまりの原因を知り、予防することが大切

40歳女性、現在は両親と同居し、家事手伝いをしています。アレルギー性鼻炎による鼻づまりに、長年悩まさ

記事を読む

no image

カルピスL-92乳酸菌を中2の息子に飲ませたところ、花粉症が…

今までなんともなかった中学2年の息子が、今年の春先あたりから鼻水が止まらなくなり…。うちは旦那が花粉

記事を読む

風邪をひくと蓄膿症になると思っていたが、実際は違った…

私は自営業をしている26歳男性です。小さな頃から鼻が弱かったのですが、中学生の頃くらいから風邪をひく

記事を読む

妊娠中に効果のあった鼻づまり対策

29歳、専業主婦です。元々花粉症なので花粉症の季節に症状が酷くなりました。そして、その時はち

記事を読む

原因不明の鼻炎の治療法

私は48歳、税理士業の仕事をしている人間です。今から8年前にちょっと用事があって、夕方渋滞時

記事を読む

即効性のある鼻づまり対処法まとめ

私は26歳、営業職です。アレルギー性の鼻炎を持っており、鼻水、鼻づまり、くしゃみといった症状を発症す

記事を読む







貼る花粉症薬 アレサガテープ

今年も憂鬱な花粉症シーズンが到来します。 皆様ご存知のように、ア

べにふうき茶は、水で抽出しても効果あり?

当サイトに「べにふうき茶は、水で抽出して飲んでもよいのでしょうか」とい

甜茶の由来・種類・効能について

甜茶の由来 「花粉症などのアレルギーに良い」と言われている甜茶につい

ブタクサ
夏の花粉症とアレルギー鼻炎

花粉症といえば、スギやヒノキの花粉症が有名です。 スギの花粉が飛

鼻に塗るだけで花粉をブロック アレルシャット

鼻に塗るだけで花粉をブロックすることができる、通称「塗るマスク

→もっと見る



PAGE TOP ↑